月別アーカイブ: 3月 2016

ファイトを1発2発と数える種族

DSC_0620佐川急便でリポビタンDが10本届いたよ。

12月~1月に実施していたキャンペーンのWチャンス賞に当選したのだった。top_prize_img01

 

希望賞品(炊飯器)を逃したのは惜しいが、リポD10本は地味にありがたい。

応募の元になったリポDもパチスロでの余りメダル7枚分の積み重ねだったしな。

 

とはいえ、コッチに運を使っちゃってると、パチスロの方が思わしくなくなるかも・・・w

 

星の海を俺はさすらう

パッケージ「DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune コレクターズエディション」が到着。

このところ連日ベルサー軍の魚型巨大戦艦と死闘をくりひろげていたのだが、息抜きに南の島リゾート!

俺的なイメージとしては、アルカディア号の後方を一定距離で追従してくる海賊島(小惑星)内部のリゾート施設か?

さわりだけプレイしてみたが、基本は「2」と変わっていない印象。キャラの造形は「2」の方が好みだったのだが・・・まぁ、慣れの問題かな?

鉄拳

XboxOneの360ソフト後方互換に「鉄拳タッグトーナメント2」が来てた。

XboxLiveの小粒なラインナップばかりでなく、大型タイトルにも対応するという決意の表れなのか?

それとも「鉄拳7」はPS4でしか出さないから、XboxOneユーザーはコレで我慢しとけということなのかも?!

 

 

1000年に一度のヤクザ映画?

セーラー服と機関銃 -卒業-」を観てきたよ。世間の評判はイマイチのようだが、俺的には面白く観られた部類ザンス。

「気分爽快!超絶★快感 エンターテインメント!!」とのキャッチコピーとは裏腹に、結構人死には多いケドな(;´Д`)

アイドル映画だとおもってナメてたら、きっちりヤクザ映画だったでゴザル。

薬師丸版の「素人演技」(←失礼)が、何も知らない女子高生がヤクザの組長になってしまった初々しさを醸し出してたのに対して、橋本版は怖いもの知らずの女子高生がヤクザでしかできない手段で敵と戦うという、しかもラスト近くはアクションシーン連続だし。

ガミラス組組長

【オマケ】ガミラス組のデスラー組長は、ルックスの存在感はあったもののイイトコないまま死亡・・・だったので残念。

 

 

昼めしは、太田市の「うしおととり」に2回目の臨店。

前回はラーメンだったので、今回は「味玉鶏清湯つけ麺」をチョイス。ハヤリの「つけ麺」だと太麺&濃厚な魚系スープというイメージだが、これは細ストレート麵&さっぱり鶏塩スープという真逆のアプローチ。大変おいしく平日サービスの中盛りでしたが、ペロっといただいちゃいました。

ホントは「千茶屋」という店を目指していたのだが、苦労して辿り着いたら定休日だったというオチだったので、コチラは是非次回に行こうとなぼP氏とともに決意。

家に戻ってからは、大「ペンゴ大会」でした・・・。

 

 

 

15マーン!

155040このところ日課となっているペンゴ。めでたく155040点到達!

面数は13面なのだが、この時点でスラーピー(敵)が高機動で攻めてくる。16面クリアは果たして可能なのか?

しゃんてぃ まるみえ

かいぞくののろい
予約DL購入していた「シャンティ 海賊の呪い」が解禁された。

心配されてたゲーム本編の日本語化もちゃんとされてるようで、一安心。

キネクト音声用の「かいぞく の のろい」のタイトル表記がカワユス。でも、中身はロックマン系のシビアなジャンプアクションを序盤から要求される仕様でキャラ&ゲームグラフィック的にはワンダーボーイ・モンスターランド系のまったり感を想像していたおっさんゲーマーである俺は果たしてこのスピードについていけるのか?

 

 

XboxOne用にHDDを増強

logitec_sgd-ex030ubk-yyロジテックダイレクトYahoo!店のタイムセールで3TBのHDD(SGD-EX030UBK)をお安く入手。

安い理由は「再生品」ということで、メーカー返品になったものを再調整したブツであるためだ。単なる中古やバルク品よりかは信頼性はややマシなのか?

 

XboxOneには以前購入したBAFFALO製の「HD-LC2.0U3/N」を接続してあったのだが、これからデータを移行させた後に置き換えて2TB→3TBへの容量アップとし、外した2TBをXbox360の方に接続しようという目論み。

XboxOneでのデータ移行作業が単純に時間かかったのと、Xbox360用に接続する際に再度BAFFLOのユーティリティ「DiskFormatter2」による初期化が必要だったところを除けば、概ね順調に作業完了。

月2回ペースで更新される「GAMES with GOLD」が、いつまで続くかわからんが、とりあえずHDD容量的には困らない体制が整ったッス。

 

真実はいつも1つ!

2007年発売のXbox360の蛮族アクションゲーム「CONAN」を入手。

見た目は野蛮人!頭脳も野蛮人!のコナンくん。アーノルド・シュワルツェネッガーの出世作である映画「コナン・ザ・グレート」で有名ですな。conan

発売元のTHQの倒産(2012年)により、歴史に埋もれてしまっていたかに見えたが、何故かゲームオンデマンド版が3月10日から復活リリース開始したのだった。

価格も1944円(税込)とお手頃感があったのでDLしようしたのだが、ふと思いついて某ネット通販でパッケージ版を商品検索。

その結果、約200円を余計に払うことで北米版と日本版の両方を一気にGetできたッス。しかも、日本版の方は未開封の新品だった。

日本版は北米版に比べてバイオレンス&エロの描写がマイルドに抑えられてしまっており、その関係もあって実績も別ゲーム扱いなので、両方揃える価値はあるってコトで。

上のパッケージ写真ではほぼ同じに見えるが、北米版(右)の方はシルバーの光沢があって若干豪華(?)に見える仕様になっている。

おねーちゃんとりあえず、ストーリーを把握するために、先に日本版から着手。

なので、エロ要素の救出対象のおねーちゃん達の服装もマイルド版。

「まるだしオパーイ」はオ・ア・ズ・ケ♥

 

・・・もうちょい、顔の造形をどうにかして欲しかったよなぁ・・・。

 

 

 

 

ごーるでん

 

去年の今頃に同じような蛮族アクションの「GOLDEN AXE:BEAST RIDER」にハマっていたのだが、女性キャラのルックスは似たり寄ったり。

コチラは、剣技の他に獣に乗ることでアクションに変化を出していたが、「CONAN」は果たしてどうか?

レジェンダリー

image

先日購入した初代Xboxの「Taito Legends 2」欧州版が無事に改造本体で動作したので、調子に乗って「1」の方も入手してみた。が、起動途中でハングアップして動かない!残念!

タイトル名が出て、デベロッパーのロゴムービーまでは再生するのだが、インベーダーが表示されたところで止まってしまう。
2の方だと一瞬Loadingと表示されてスグにゲームメニューが表示されるので、どうやらメニューの読み込みに失敗している模様。
パッチファイルかなんかでなんとかならんものかねぇ?

パックリモンスターにあらず

DSC_0553DSC_0554米アマゾンにてこのようなモノを輸入。

単3電池4本で駆動し、TVに直接つなげるとパックマンをはじめとする12種類の往年のナムコゲーが遊べるという俗に「Plug&Play」機と呼ばれる一連のシリーズ。

 

 

MAID IN CHINA で“ パチモン臭”が漂うが、れっきとしたバンダイ製品なのだ。(ただしBANDAI AMERICA【米国】)

DSC_0555 DSC_0556 DSC_0557

パックマン(ドット絵)を模したデザイン!手に持ってプレイすると角が痛いので、床置き推奨だな。

 

裏ブタ内にケーブルが格納できる仕組み。

 

 

さらにネジ蓋を開けて、単3電池4本を挿入。

 

 

 

DSC_0558どうせファミコンレベルなのだろう・・・ぐらいに嘗めてたんだが、初代PSのナムコミュージアム程度の滑らかな動作をするのでオドロキ。

DSC_0563

 

「ギャラガ」はスコア、残機、ステージ旗が右側に配置されてる。このあたりも初代ナムミューっぽい雰囲気だが、横の解像度の違いがあるので微妙にレイアウトが違うのね。(HIGH SCOREの文字が2段組)

海外(米国)製ナムコミュージアム所蔵の「ギャラガ」にたまに散見される10面での敵弾問題だが、これはちゃんと10面編隊構成時に弾を撃たない仕様になってたので合格。なお、18面は未確認。

DSC_0560「ボスコニアン」は、いわゆるNewバージョンの方になっている。

画面でわかりやすいのは敵基地のレイアウト。

 

↓左側がOLDバージョンで右側がNEWバージョンだ。
OLD1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺っちが、中学生時分に通ったゲーセンにあったのはすべてOLDバージョンだったなぁ・・・。

この手のPlug&Play機は、アメリカじゃそれなりのシェアを有しており、中でもパックマン&ナムコ系は過去に色々種類がでていた模様。

2003年製

2003年製。「パックマン」「ラリーX」「ギャラクシアン」「ディグダグ」「ボスコニアン」の5種。

「NewラリーX」でなくて「ラリーX」が入っているのはコレだけ。

 

2004年製2004年に出た続編で「Ms.パックマン」「ギャラガ」「マッピー」「ゼビウス」「ポールポジション」が遊べる。

特に注目すべきは「ポールポジション」で、ハンドル操作はなんとジョイスティックレバーを“ねじる”ことで操作する。単体売りの他に上の1シリーズ目との2台セットブリスターパックも存在していた。

images

2007年製(?)。筐体にパックマンの図柄を配したとおり、1シリーズ目のラインナップに「スーパーパックマン」「パック&パル」「パックマン プラス」を追加してパックマン系を強化。権利の関係からか「Ms.パックマン」が除外されてしまっているのだが、逆に同じ海賊版的経緯(勝手改造→後にナムコ許諾)をたどった「パックマン プラス」が収録されているのが謎。この機種で「ラリーX」が「NewラリーX」に差し変わってる。

815Slbm6ePL._SL1500_

2009年製。「Retro Arcade Featuring Pac-Man」の名称どおり、レトロアーケードの方が主役でデザインもアーケード筐体を意識したものになった。収録ゲーム内容はそれまでの集大成で、「ポールポジション」も収録されている。同じ型の筐体でタイトー製ゲームを収録したバージョンも同時期に発売された。

DSC_0564

今回購入したものは、さらに「パックマン256」なるタイトルも追加されているのだが、これはノーマル版の「パックマン」で256面に到達したときに発生する画面表示が崩れるバグを再現したもの。

単純に言えば「ネタ」の範疇でしかなくて、ゲームタイトルの1つとして扱うのはいかがなものか?と思えるレベル。

これは2015年製で、パッケージにはパックマン35周年のロゴも入っている。アメリカでは生誕35周年で例の映画「ピクセル」とも絡めて、結構盛り上がりを見せたらしいが、本家の日本ではイマイチだったッスねぇ・・・。

そうそう、この機種はレバーに難有り。一応8方向を検知する仕組みにはなっているのだが、パックマン系の4方向操作に特化されているためかナナメが非常に入りづらい仕様で「ボスコニアン」「ゼビウス」では自機の動きがギクシャクしてしまう・・・。要改造か?w

2度目のプレミアムは本当にプレミアムだった件

まゆゆ48秒中  に プレムアムセンター渡辺麻友の48秒物語の途中で、センターチェリーを引き込んだ!!

当然「バラの儀式」図柄が揃ったのだが、これがスーパー48でなくて、プレミアムセンターボーナスの方に当選!なんと確率約1/35000のレア度合!!

 

ベルを3回引く間に、「チームサプライズCOMBO」「下剋上チャンス」「てっぺんチャレンジ」「MIXチャンス」と直乗せの五重複抽選を繰り返す激烈ゾーンに突入。

複合抽選結果

抽選結果がこんな状況で、このあとSKEが下剋上しまくりの、

てっぺんとりまくり

NMBがてっぺんとりまくり!

1790Gすたーと

ARTスタート時点で1790G!

延々と消化作業が始まったのだが、いかんせんART中の純増枚数がキビしい機種なのでリプレイを引きまくり、劇的なメダル増にはならない。

その間にもボーナスを複数回引いたのだが、結局閉店時間となり店員ストップ。700Gを捨てるハメに・・・。

実はプレミアムセンターボーナスを引いたのは2度目だったのだが、初回はスグにベル3回引いてショボショボの結果だったので、今回初めてプレミアムの名に相応しい展開になったのだった。今日から推し変した指原莉乃のおかげなのかしらん?