月別アーカイブ: 12月 2017

クリスマスプレゼントの追加

昨日の『ナムコミュージアム(Pac-Man’s Arcade Party)』では『スプラッターハウス』が遊べないジャン!

とサンタクロースに文句を言ったところ・・・

 

絶妙なタイミングで、コイツが着弾。

『Splatterhouse』。2010年に発売されたリブート作品。xbox360とPS3版が出たのだが、例によって日本未発売で北米地域のみ。

 

 

 

 

リージョンロックはかかっていないので、日本版本体でも問題なく動作する。

 

うう。でもこの感じは『ゴールデンアックス』のリメイク版の時と同じコレジャナイ臭がプンプンするぜ!

ストーリーを進めると、初代、Part2、Part3がアンロックされていくらしいので、それを励みに頑張ってみるとするか?

クリスマスプレゼントが到着

今日日のサンタクロースはトナカイのソリでなくクロネコの国際宅急便を使用するのだ。

 

中身は厳重に梱包されたアヤシイ基板一式。

 

 

 

ナムコバンダイ謹製『SYSTEM147』ボード。

 

それと対になるI/Oボード。

 


モニターにミニD-sub15pinで繋ぎ、電源にAC100Vを供給したところ、アッサリと画が出たのでひと安心。

『Pac-Man’s Arcade Party』は2010年にパックマンの30周年としてリリースされたオールドナムコのオムニバスゲーム集で パックマン、ギャラガ、ディグダグ、ゼビウス、マッピー、ラリーX、ギャラクシアン、ボスコニアン、ローリングサンダー、ドラゴンスピリット、ギャラガ’88、パックマニアが遊べるというシロモノ。さらにコレは家庭向バージョンなのでMs.パックマンも遊べる。

Ms.パックマンは業務用マシンに使用すると【例のゴニョゴニョな権利問題】があるので、こういう仕様になっているらしい。てゆうか、アーケードと同サイズのアップライト筐体andカクテル筐体(日本で言うテーブル筐体)を家庭向けにも普通に販売してる北米スゲー。( ゚Д゚)

動作確認用に適当なジョイスティックとボタンとスピーカーを配線して・・・

 

 

じゃじゃじゃん!

とギャラガが起動。

詳しいディテールの確認は後にするとして、とりあえず1プレイ。

画面下部に常時『FREE PLAY』と表示されてて、なんか違和感アリアリ。

コンティニュー機能有だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々が横画面のゲームについては、縮小表示しているので、若干ボヤけた画になる印象。

NewラリーXでなくて無印ラリーXなのが謎だし残念だし。

 

 

 

使用基板がPS2系のSYSTEM147で、収録タイトルもほぼ同じなので、どうやら『ナムコミュージアム アーケードHITS!』の縦画面デフォルトに変更して調整したモノという推測は当たっていそう。

 

 

 

 

 

それにしても今遊ぶなら任天堂Switch版のナムコミュージアムだろ!という気も多々するが、あえてこのプレゼントをチョイスするというサンタクロースのセンスにビックリ!

『任天堂Switch本体+ナムコミュージアム』よりも高価だったりするけどな・・・

4ケタ乗せた!

『スーパーBINGOプレミアム』。やっとの思いで引いたHooah!が222止まりだったのでガッカリ感と共に消化していたのだが、残り100G目にソレは来た!

レバーON時に何か違う音が鳴ったなと思ったら、残ゲーム表示が通常『99』のところ『099』表示に変わった。コレはつまり【4ケタ乗せ】の証。

『007』になってもカウントダウン7には突入せず・・・『000』の次に『999』になった!

閉店ギリギリまで粘って消化活動したが、終わり間際にダメ押しのセブンドリーム(夢色=赤)を引いて、さらに100G以上乗せてしまった。最後のカウントダウン7でも7が揃ったのだが残念ながら時間切れで終了。

勝ったお金で買ったのは

『アイドル雀士スーチーパイスペシャル』の

3DO版!!

ケース無しマニュアル無しの裸も裸、すっぽんぽん。でも16禁 (^_-)-☆

このソフトは大きな声では言えないケド付属だった『園田健一原画集』に価値があるワケで現状ソフト自体にはあまり高値はついていない。今回は780円の値段がついていたが割引券も持っていたので300円でお釣りが来た。

原画集はSS版もPS版も持ってるので、純粋に3DOエミュの動作確認と各機種での差異について検証したくての購入だ。(脱衣麻雀という時点で充分不純だが・・・)

3DOのエミュレータは今まで『FreeDO』しか知らなかったが、今回『4DO』てのがあること知り試してみた。コントローラにも対応してるし、スクリーンショットの撮影もできるのは便利だね。

 

 

 

 

 

再現性は、少々ギクシャクする程度で特に麻雀ゲームのような落ち着いてプレイするゲームなら問題は少ない。

ユキちゃんカワゆす。

 

 

 

 

 

とりあえず1人目の婦警さんを脱がした。

16禁でもビーチクはOKなのね (#^^#)