月別アーカイブ: 10月 2020

Warning! MD互換機用カートリッジ急速接近中!

メガドライブには「ダライアスⅡ」しか出ていないハズが、何故か(※)メガドライブミニに収録された「ダライアス」。コレが「EXTRAバージョン」に改修された上でPS4とSwitch上で動くものが来年発売予定の「ダライアスコズミックリベレーション」(の尼プラ版にだけ!)にオマケで付属するという。さらにファミ通DX限定版にはROMカートリッジも付属するという何が起きてるか良くワカラナイ令和2年!

ROMカートリッジは大人の事情で、「メガドライブ版」とは表示できないので「MD/MD互換機版」となっている。一時は限定版の購入不可避か?とも思われたが、なんとコロンバスサークルから単品発売もされるというのでひと安心。

セガは非公認と言っているが、今更メガドライブのソフトを検証して認可するセクションもセガ社の部内に無いとのことで、正確に言うと未公認なのかな?

勿論タイトーは公認していて、セガの代わりに色々なメガドラ系ハードで事前チェックはしているみたいだ・・・。

それでもって、これを迎え撃つ準備として、メガドライブ本体のメンテを開始。

コントローラの反応が悪い状態になっていたので、分解して清掃。ボタンの接点端子に導電ゴムのカスがこびり付いていたので、念入りに除去して磨きあげた。

組み上げたついでに、メガドライブのコントローラがマスターシステムでも使えることを検証してみた。

MDのBボタンがMSの1ボタン、MDのCボタンがMSの2ボタンとして機能する。(Aボタンは未使用となる)

メガドラのコントローラの方が大きくて手になじむので、プレイし易い事に三十数年ぶりに気づいたよ。

少しアレスタを実機でやり込んでみるかな?

セーガー!

ゲームギアミクロが発売されたし、アレスタコレクションは予約したし、アストロシティミニも予約したし。来年にはメガドライブ(MD互換機)用のダライアスが出るって言うし、このところSEGAづいてる日々が続いていたので、勢いあまってこんなモンを入手してしまった。「SEGA CLASSICS COLLECTION」PS2版!

日本では「SEGA AGES2500」シリーズとして単品販売されていたものの北米版コンピレーション。当時のセガマニアはグラフィックだけ3Dに変更したアレンジの方向性を良しとせず、酷評された挙句に、D3パブリッシャーと 提携してこのシリーズのために設立したスリーディーエイジス合弁会社を途中で清算し、セガ本体が引き取って路線変更したといういわくつき。

路線変更後は丁寧に原作アーケードを移植した上でプラスアルファを加えるという方向性に変って成功し、近年の3DS版3D復刻アーカイブスやSwitch版SEGA AGESにつながっていく。

その路線変更前の酷評されたヤツらを寄せ集めたコレクションだが、なかなかどうして今見返すとこれはこれで味があるではないかw

収録タイトルは以下のとおり。

Sega Ages 2500 Series Vol. 2: Monaco GP
Sega Ages 2500 Series Vol. 3: Fantasy Zone
Sega Ages 2500 Series Vol. 4: Space Harrier
Sega Ages 2500 Series Vol. 5: Golden Axe
Sega Ages 2500 Series Vol. 6: Ichinidanto Tant-R to Bonanza Bros.
Sega Ages 2500 Series Vol. 7: Columns
Sega Ages 2500 Series Vol. 8: Virtua Racing FlatOut
Sega Ages 2500 Series Vol. 13: OutRun
Sega Ages 2500 Series Vol. 14: Alien Syndrome

なお、欧州版はレーティング(年齢制限)の関係で「エイリアンシンドローム」が省かれているそうな。

アウトランはこんな感じ。画像はポリゴン風になっているが、ゲーム内容的には原作(初代)を踏襲。いわば「アウトラン1.5」といったところか?

ちなみに、リージョンチェックがあるので、日本版のPS2本体ではそのままでは動きませんのであしからず。ウチの本体はゴニョゴニョしてあるので。