カテゴリー別アーカイブ: つれづれなること

ブツブツ交換

先日、実家の裏庭に放置してあった原チャリ(親父の遺品)と金物クズをまとめて廃品回収業者に引き取ってもらった。

 

 

 

 

 

 

 

作業中に、レトロゲーマーはブラウン管テレビを欲しがるという話をしたら、次の日に別のトコで引き取ったシャープ製の14インチTV(14C-GM1 )を持ってきてくれた!小さいながらもビデオ入力が3系統あるしイイ感じ。

軽トラの荷台にある別の包みを目ざとく指摘したら、中身が『綾波ぃ』で気前よくこれもくれたッス!

正体はパチンコ『CRヱヴァンゲリヲン8』の台枠飾りフィギュア。

パチンコのヱヴァシリーズは初期の『CR新世紀エヴァンゲリオン』の頃に少々打っただけなので、なにがなにやら機種が多すぎてよくワカラナイよ。

この機種も2013年のリリースなので既に5年前だ。Wikiで確認したら、毎年新機種が出とるのな。

 

綾波ボディはパール塗装されているのだが、ところどころダメージががが。補修は難しそう・・・。

あと、背中側にはぶった切られたコードがアンビリカルケーブルよろしく残っているのだが、配線すれば光ったりするのかな?改造してルームランプにすればゲーセンコーナーの電飾になるかな?バラして調べてみるとするか。

TVの方もどこぞの『ソバ屋』からの回収品ってコトなので分解清掃するきゃないなぁ。ま、ぼちぼちと。

ケムンパスでやんす

実家のウメの樹、熟した実が落ちて道路を汚してしまうので雨がパラつく中、朝からバッサリ剪定作業。
4年前には毛虫が大量発生して難儀したので、その対策も兼ねて早めの行動。
毛虫は2つの群を確認したがアメリカシロヒトリではなくオビカレハの様子。オビカレハは毒はないらしいので、作業はかなり気持ちが楽だ。
しかもまだまだ小さい個体だったので簡単に駆除できた。

←4年前はツバキとサザンカについてたチャドクガにひどい目にあったことを思い出した。

恐る恐るツバキとサザンカも偵察したが、今のところ発生は確認できずひと安心。孵らないうちにコチラも剪定してしまおう・・・と思ったら雨が本降りになってきたので、明日以降に持ち越し。

 

昼飯は思いつきでなぼP氏を誘って、大手町のゆーぞーん家のそばにできたという情報を元に『和み屋』へ。

復元された長屋門の近く、というより清流映画館の跡地の裏っ手といった方が俺らにとっては判り易い。

注文したのは、大王塩鶏そばに味玉をトッピング(最後の1つだったので俺だけ)。あと半ライス。

塩味スープに細麺の『鶏そば』の基本スタイル。鶏油が多いところがなぼP氏は減点対象だった様子だが俺っちはお構いなく完食。

メニューは他にも『煮干し醤油そば』『魚介豚骨の濃厚ラーメン』『同 つけ麺』とバリエーションが豊富。次回以降の来店時に順に試してみようと店主には愛想言ったが・・・どうしようかね。ウリのラーメンは1種に絞った方がイイんじゃね?とか思った。昼時なのに俺らしか客がいなかったしな・・・。

アンドロメダ終着駅

1年前に書いた「上海Ⅲ」のエンディングがショボイ件のブログ記事にコメントがついた。英語コメントしかも英語で。俺っちのブログもワールドワイドになってきた・・・のか??

この方も最近、上海Ⅲのエンディングに到達してそのショボさにガッカリという時と場所こそ違うものの俺とまったく同じことをしていたようで笑った。

「旅路は行き先より重きもの」

なるほど、目的よりそこに辿り着くまでの過程(プロセス)の方が重要だという考え方はイイよね。今後、エンディングがショボいゲームに遭遇した度にこの言葉を思い出すコトにしよう。そうしよう。

ファイトを1発2発と数える種族

DSC_0620佐川急便でリポビタンDが10本届いたよ。

12月~1月に実施していたキャンペーンのWチャンス賞に当選したのだった。top_prize_img01

 

希望賞品(炊飯器)を逃したのは惜しいが、リポD10本は地味にありがたい。

応募の元になったリポDもパチスロでの余りメダル7枚分の積み重ねだったしな。

 

とはいえ、コッチに運を使っちゃってると、パチスロの方が思わしくなくなるかも・・・w

 

名も知らぬ「毛むくじゃら」

NOTTVなにやらサービス終了らしい。

以前ケータイの機種変更したときに、オマケでもらったオリジナルストラップを発見。

もう数年寝かして置けば、プレミア付くかしらん?

 

キミにきめた!

青缶空気が乾燥してきたので、早速お肌対策。

例年は尿素入りの少々お高いクリームを使っていたのだが、なにやらすこぶる評判がよろしいので、原点回帰としてのニベアクリーム(通称:青缶)を購入してみた。なんたって安い!

これで女子力アップ???

なんちって・・・、主な使用部位は顔でなくて脛なのだ。昨シーズンも書いたが、対策しないと脛から粉が出る・・・というか脛から徐々に全身が粉になって崩壊しそうな気配。

この青缶にも同情するなぁ。運がよければ、美少女の顔を手始めにあんなトコやこんなトコに塗りたくられるところだったのに、ウチに来たばっかりにオッサンの毛ずね用という運命ですわw

 

チンチロチンチロチンチロリン

猛暑だった今年の夏から、うってかわって涼しい秋が到来。
どこからかジーーーと虫の鳴く声が聴こえて・・・???、あれ家の中から聞こえるぞ。
いや、耳鳴りではなくて確かに鳴っている・・・。どこからだ?

答: 蛍光灯。

正確に言うと内部の安定器から音がしている。ネットで調べたところグロー式用の銅鉄安定器の製品寿命は平均で10年だとか・・・。なら、交換するっきゃないね。

当初は、安定器(東芝FBC-40156A)のみの交換を目論んでいたのだが、該当部品は既に生産終了品となっており、後継部品でさえも入手困難という有り様。

そこでふとLED蛍光灯に替えてみようと思いついたわけだ。lumi-tech_11-gi18do-08

メーカー各社の各種製品がピンキリで大量に市場に出回っているようだが、リビング用の「電球色」はあまり選択肢が多くなかった・・・。

その中で価格とカタログ性能でコレに決めた。

「照明器具は既存のままの工事不要でグロー点灯管を外すだけで使える」というフレコミではあったが、安定器を残したままでは、そもそもの(交換理由の)鳴音対策にならんし、その分余計に電力を消費するのは嫌なので、器具内配線をちょこちょこっといじって直結にした。

安定器

 

←摘出(?)した安定器、放熱用アルミ板、グロー用ソケットが2組分。だいぶ軽くなった。

消灯

点灯

 

リビングには蛍光灯が4組あるが、今回はテストという意味で鳴っていた1組だけ交換してみた。

グロー部分の穴は、違和感があるので後でシールで塞ぐかね?

点灯OK。

蛍光管とは違って全方位光るわけではないので、若干暗い感じかも・・・。

 

まぁ、しばらく様子を見て電気代や機器寿命等を勘案しながら、残りの3組をどうするか検討することにするべ。

 

スキトキメキとニス

天板色目違いすぎPC用の机に棚を延長接続している部分。段差を埋めてフラットにするためにカット済パイン材を天板として乗っけてあるのだが、既存部分と色目が違うのがどうにも気になっていた・・・。

 

でもって、思い切って塗装してみることにしたYo!

素の状態白っぽい貧弱な坊やもこいつを使えば…

水性オイルステイン
着色

水性なのにオイルステインというネーミングはどうなのかという疑問はこの際置いておく。

 

 

ほらっ!このとおり。
とってもカ・ン・タ・ンだ!

水性ウレタンニス

 

 

さらにコイツを使えば・・・

 

 

ニス塗り直後

 

光沢(ツヤ)が出たのが、お分かりいただけただろうか?

塗りたてなので若干白っぽいが、乾燥すると透明度が増してもっとツヤが出るそうな・・・。

再組み立ては半日後かな?

暑いんだモン!

くまモンのゴザ熱帯夜がつづいて寝苦しい日々。午前中は寝不足の所為でボーとしてる感じ。

そんな状況を打破せんとすべく、近所のホームセンターで“寝ゴザ”を購入。今日日“ゴザシーツ”なんて品名になっているが“寝ゴザ”は“寝ゴザ”。

熊本産で“くまモン”がプリントされた紙がまかていたが、ゴザ本体は普通のモノであって、くまモンがプリントされてるとかのキャラクターグッズではなかった。

初日の感想としては、熱がこもらないので寝つきが早かったかも?

蛍光灯を増設

流し台に蛍光灯1Fフロアの手元が薄暗かった流し台。1Fフロアの西側天井の蛍光灯を点灯すれば問題はナイのだが、いちいち反対側の壁にあるスイッチを入れに行くのが不便だったので、窓枠の上部に10Wの蛍光灯を設置してみた。

うむ、いい感じ。夜食のカップラーメンが作りやすくなったわい。