カテゴリー別アーカイブ: アニメソング・アニソン

アニメトピア?

今の世の中、古いアニソンでもネット検索すればたちどころに歌詞は勿論、音源自体もYouTubeとか音楽配信サイトで簡単に見つかったりする・・・。

でも俺らの世代は、やっぱ紙媒体ありきなワケで・・・。38年前に館林のサイトウ書店で購入した『アニメ・ソング・ヒット全集』が出てきましたよ。

徳間書店からリリースされた、アニメソング1曲づつを歌詞と楽譜のセットで収録しているシリーズ。1・2集は『アニメージュ増刊』、3集は『ロマンアルバム増刊』となっている。当時のおこづかいでは好きなときにエイヤと買えずに3集まで収集したところで、以降の巻は誰かに買われてしまって入手できずに終わってしまったのだった・・・。

ふと思いついて、ネット検索したところ『まんだらけ』に在庫ががが!

第4~6集と、特撮ヒットソング全集の方もついでにコンプリート!!

表紙や巻頭グラビア風ミッチこと堀江美都子の若いこと若いこと。当時22歳だ!写真の雰囲気がなんとなく昭和のエロ本っぽいテイスト・・・(勿論、健全な写真しかありません)

若かりし頃の帝王こと水木一郎が、“劇団ひとり”のような“あばれる君”のようなルックスでついつい笑ってしまう・・・。(咥えタバコがワイルドだぜぇ。)

さて、面白いモノが手に入ったので、1曲ずつ順番にカラオケ@DAMで歌ってみるとするかね?

 

決勝だ! スピルバン

dsc_1488dsc_1489「FORZA4」でずっと謎だった、チャンピオンシップの件。

2レースの連戦なのだが、画面右上の表示は「予選 1/2」と「予選 2/2」となっていて、2戦終わると結果表示されて終了してしまう・・・。

「あれ?決勝はどうした??」

 

 

dsc_1491dsc_14951/2が予選で、2/2が決勝なのかとも思ったが、1/2のレース結果で2/2のスターティンググリッドが変わったりはしていなくて、まさに同じ条件のレースを2回やらされてる感じ・・・。

 

 

 

 

 

で、ネット検索してみたらここでいう「予選」は英語の原文「Heat」を直訳してしまったものらしいと判明して、「なぁんだ・・・」というオチ。

それより、この件を調べる途中で知った「デッドヒートの本来の意味は『同着』であり、『緊迫した接戦』ではない」という事実の方がショックがでかかった。

「デッドヒートのI love you!」って、レースのような恋愛が結果『同着』ぢゃダメだろー。

続ひとりあにカラット

dsc_1307
ユーザーが少ないところにマイナーなアニソンを選曲していけば“無双”も可能?

DAMよりJOYSOUNDの方が、アニソンは充実してる印象。

クライマックスバトル?!

クライマックスアニメヒッツ久々にアニソンのオムニバスを購入。

この手のモノはコロムビアとかビクターのを数枚持っていて、収録曲がカブりまくりだったりするのだが、今回のコレはSONYミュージック謹製。

俺っち自身、あんまりアニメを追いかけて観なくなっちゃった以降の時代の作品が中心だが、それでも話題になった曲が多く収録されているのでコレは良い買い物。

1そばかす / JUDY AND MARY
2鳥の詩 / Lia
3君は僕に似ている / See-Saw
4Butter-Fly / 和田光司
5空色デイズ / 中川翔子
6ハレ晴レユカイ / 涼宮ハルヒ/長門有希/朝比奈みくる
7ゲキテイ(檄! 帝国華撃団) / 横山智佐+帝国歌劇団
8Believe / Folder 5
9Believe / 玉置成実
10勇侠青春謳 / ALI PROJECT
11消せない罪 / 北出菜奈
12Blue Velvet / 工藤静香
13-赤い華-You’re gonna change to the flower / 椎名へきる
14晴れてハレルヤ / 奥井亜紀
15シングルベッド / シャ乱Q
16ガーネット / 奥華子

1月光花 / Janne Da Arc
2*~アスタリスク~ / ORANGE RANGE
31/3の純情な感情 / SIAM SHADE
4ロマンス / PENICILLIN
5シャングリラ / チャットモンチー
6DAYS / FLOW
7ココロオドル / nobodyknows+
8Pray / Tommy heavenly6
9リライト / ASIAN-KUNG-FU GENERATION
10一輪の花 / HIGH and MIGHTY COLOR
11青空のナミダ / 高橋瞳
12RUN! RUN! RUN! / 大槻真希
13悲しみをやさしさに / little by little
141/2 / 川本真琴
15Wings of Words / CHEMISTRY
16Motherland / Crystal Kay

何曲かカラオケ@DAMで挑戦してみたいにゃー。

藍色乙女~

リージョンエラーXboxOne・・・。

北米からやって来たハードなのに、北米リージョンのDVDを再生しようとすると、この有様だよ!

 

パレードパレード

ちなみに再生させたかったのは、このソフトw

LD(レーザーディスク)で持ってはいるんだが、ハードの動作確認が面倒(そろそろ寿命がヤバイ)のと、ソフトがデカくて取り回ししずらいので、LDだと前後編2枚だったものが、DVDだと1枚で済むし、なんたってボカシが無いっていうんで取り寄せたワケだ。

 

 

 

主題歌の ピンパイヒット曲集「藍色乙女」は往年のアイドル歌謡曲風で、俺っち的にも好きな部類のアニソンだし、世間にファンも多いらしい。歌っているのは声優の浅田葉子。

DAMだのJOYSOUNDだのカラオケにも入れて欲しいのだが、やはり元がアダルトアニメという点でハードルが高いのかもしれんな・・・。

 

アニメ作品内では1番と2番が泣き別れで使用されているが、「ピンクパイナップルヒット曲集」のCDは、この名曲がフルコーラスで聞けるので大事な宝物。

ピンクパイナップルレーベルに限らず大抵のアダルトアニメでは、出演声優が変名を使っている(事務所の方針なのか?)のだが、このCDのブックレットでは歌い手の声優さんが実名で表記されているので資料的価値があるかも?

・・・その後、DVDはアレをナニして視聴可能にナリマシタ。チ○コとマ○コは“どうせ消されるし…”と作画スタッフが判断したせいか、かなりテキトーな絵でした・・・w

物欲は~連鎖するぅ~

モモーイ某AKBが「僕たちはもう買わない」とか歌ってるらしいですが(嘘)、物欲が連鎖するのはホントの話。

で、モモーイこと桃井はるこの旧譜を購入!

旧譜も旧譜でなんと2008年のリリース。発売当時は気が付かなかったってのもアレだし、2015年にもなって初回特典ステッカー封入の未開封新品が購入できてしまうあたり・・・うむ、皆まで言うまい・・・。

ええと、「more&more quality WHITE」が、桃井はるこ自作曲のセルフカバーで、「more&more quality RED」が、アニソンカバーとなっております。

ホントに欲しかった(聴きたかった)のはREDの方の2トラック目の「Gamble Rumble」。

頭文字Dの筐体を購入→OPムービーで久々に聞いた→YouTubeでm.o.v.eのMVを見た→Wikiで桃井はるかがカバーしてることを知った→アマゾンのマケプレで在庫を発見→同時発売だったもう1枚のアルバム(WHITE)とともに初回版が売ってたので購入

とまあ、そんな流れでした。

肝心の曲の感想だが、RAPをmotsu、アレンジがt-kimuraとm.o.v.eオリジナルメンバーが参加している(そういえばこのCDもavexレーベルだったのね・・・)。

原曲のyuriのボーカルはクールなイメージだったが、モモーイのボーカルは甘めのボイスによるホットな仕上がりでアニメ版「頭文字D」の主題歌としてのリメイク&カバーという点では正しい方向性ではないかと。

イニシャルD の イニシャライズエラー

右側面カードリーダーライター(Sanwa Card Reader CRP-1231BR-10)部分を基盤まで分解清掃して、コネクタ及びファームウェアのEP-ROMまで指し直してみたが、R/Wエラーは一向に改善せず。

カードリーダー部まぁ、プロの業者が直せずにジャンク扱いししたものが、シロウトには直せるハズもないか・・・。

システムメニューをいじって、ステアリングのセンタリングが狂っていたのを調整し、テストプレイしたら武内樹のAE85に勝てたッスw

同じくシステム設定で、アドバタイズ音をONにしたので、デモ画面中でもBGM(m.o.v.e / Gamble Rumble)が鳴るようになった。あまり「頭文字D」には馴染みのない俺でもアニメ版の主題歌でもあったこの曲は知ってたなり。懐かしス。

猿の名前?

シャルロット英語の発音だと「シャーロット」。仏語だと「シャルロット」、独語だと「シャルロッテ」だそうで・・・。

ちなみに、「メイフラワー」はイギリスでは「サンザシ」でOKらしいが、北米(カナダ)では「アメリカイワナシ」っていう別の植物を指すらしましめり。

キビシーでヤンス

XboxOneの「カラオケ@DAM」がバージョン2.0.0にアップした。

DAMバージョン2

複数ユーザーに対応し、1曲ごとにゲーマータグの切り替えやゲストタグでの歌唱が可能になった。まぁ、俺ん家では、もっぱら「おひとりさまカラオケ」なのであまりアリガタミはないけどね。

ド根性でヤンス

でもってコッチが重要事項でして・・・、遂に精密採点が全国ランキングに対応したッス。

これにより、

誰も歌っていないマイナーな曲を探して1人中1位を狙うというマニアックな遊びができるってモンです!

さけのみすぎさん熱唱中

Moon Revenge

途中で主メロを見失いそうになったケドなんとか立て直して歌いきりましたわい。

金のリボンでRockして

つくづく志賀真理子は惜しい人を亡くしたと思う。存命ならアニソン界をもっと盛り上げていたろうになぁ・・・。