カテゴリー別アーカイブ: ゲームセンター ムーンベース

ヘッドライト(?)のLED化

「OUTRUN2SP」絶賛稼働中だったが、筐体マーキー部の蛍光灯がチラチラしだしたので交換。サクッとランプだけ交換してもよかったのだが、この際だからLED化してしまおうと決意。

蛍光灯の器具部分を一旦外して、安定器とグロー球を取り払い直結に配線を変更して再び組み直した。

ちょっと明るすぎな気もしないでもないが、プレイの邪魔って程でもナイのでこれでイイことにしよう。そうしよう。

デジタルドライブストーリー 跳馬転生

久しぶりに起動した「OUTRUN2SP」がやっぱり面白いので、この2、3日集中してプレイしてマイブーム到来。せっかくのアーケード筐体なのだから”持ち腐れ”にならんようにしたいよなぁ。

イージールートである左分岐を繰り返してGOAL Aに辿り着くという初歩からリハビリ開始。そもそも、ルート分岐&コース内容をOUTRUよく憶えてないのでマップを見返して頭の中に叩き込もうと思った。

マッパーの魔法をとなえた!

そんなわけで、コース分岐マップを自前で作製してみた。公式HPはアーケード版、XBOX版、PS2版ともに既に閉鎖されてしまっているので、辛うじてネットに残存しているアーカイブの部品やPSP版から引っこ抜いたテクスチャー等を加工して結構時間がかかってしまった。以前、PCエンジン版のダライアスで同じような分岐表(ボス戦艦一覧)を作ったときは、どこかの地方のゲーセンに無断転用されていたが、今回もどこかで使われたりするかもなw

ステージ構成の内容だが、無印OR2がヨーロッパでSPがアメリカをイメージしたステージ構成になっている。やっぱり、森だの山だの滝だの遺跡だのでバリエーションをつける方向は同じなのでイメージ的には両者で似ているところも多い。

使用基板のCHIHIROは初代XBOXのアーキテクチャで動作しており、実に17年も前の仕様(CPUはPentium III)にもかかわらず、今見てもなかなかキレイな映像を繰り出してくる。ブラウン管だからか? 

OUTRUN2SPがアウトラン2SPに!

『こいつをセガチヒロの内部コネクタに取り付けろ。すごいぞ、チヒロの性能は数倍に跳ね上がる!!もってけ、そしてすぐに取り付けて試すんだ。』

親切なオジサンが謎のパーツをくれたッス。オジサンの実子と違って素直な俺は何も疑わずにChihiroボードを開封して取付けようと思ったさ。

付属のケーブルはダメージを受けていそうな気配だったので、手持ちのジャンク箱からIDEケーブルをピックアップ。今どきIDEケーブルの未使用品がサッと出てくるなんざオッチャンの居候先のジャンク屋に負けてないよ俺ん家。

基板用の足もつけて、バッチリ設置。

JP9を2-3側NETブートから1-2のGD-ROMに戻して起動したら、ゲームプログラムの読込みまではするが、起動時にエラーが出てしまう。

色々試した結論から言えば、増設していたRAMをとっぱらって片側512MBにして、JP5も1-2の1GBから2-3の512MBへ変更しなけらばいけなかったのだった。(今回のボードに乗ってるのが512MBバージョンという事だ)

プログラム転送自体は大部ゆっくりの印象。(NETブートに慣れ過ぎていたせいか?)さては実機のGD-ROMの読込みスピードに準拠しているのかな?

今度こそ、カッチリ起動!

デモの操作説明が日本語になっている!今まで所有していたのはEXPORT版だったので言語が英語だったのだが、今回入手したボードに搭載されているのは日本語バージョンなのでありんした。

ハートアタックモードで助手席のワガママ姉ちゃんから発せられるリクエストも音声こそ英語のままだが、画面表示が日本語になるので運転しながらの咄嗟の判断がつきやすくなってイイね!

AE86の皮を被ったフェラーリ!

世に珍しい右ハンドル版アウトランの日本向け車両度合が高まった!

秋の夜長にタイムアタックモードでコンマ何秒の世界を攻めてみるとするかね?

オラオラオラ!作るのは俺のスタンドだー!


ダイソーで見かけた展示用透明スタンド。CDやゲームソフトを自分の思ったように飾るにはちょい角度が緩い(寝すぎる)ので、再加熱して改造しようかと目論んだ。しかしダイソーに在庫がなくなってたのと1個108円という点を考えたら、アクリル板を自分で切り出して作った方が安くあがることに気づいたので早速製作開始。一家に1台あると便利なアクリル板曲げ加工用ヒーター!

サイズはダイソー製をまんまパクッて、背もたれ部分の角度のみをややキツめにした。

写真は左が自作で、右がダイソー製。

 

 

 


実際にCDケースを置くと、これぐらい角度のつき方が違って見えてイイ感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモ代わりに寸法図もココに貼っておくとす。

STAND BY ME ANGEL

『コロナ自粛でホールに行けないのなら、自分の家をホールにすればイイじゃない!』とのマリー・アントワネットの言葉に従い。オウチのパチスロコーナーに新台「パチスロ AKB48 エンジェル」を導入!
ちなみにお値段はセール品だったのでコイン不要機をつけて送料込みで約3マンでちた。

コレで既発のパチスロAKBシリーズの4台が揃い踏みッス。AKBグループがグループ毎に分社化されちまったので、今後パチスロ(&パチンコ)の新作がどうなるか分らんし、そもそも有力メンバーがあらかた卒業しちゃってるので、コンテンツとしての魅力を維持できそうにないのがイタイ。

 

 

少なくとも次の機種が出るとしても、松井玲奈はいないと思われるワケで。コレクション的にもこれにて終了かな?

 

 

 

台自体は前々作の「バラの儀式」の流用でサプライズレバーが付いている。演出やAKBメンバーの画像等は前作「勝利の女神」からの流用が多い。

悪いイイ方だと、既存のコンテンツで1機種“でっち上げた感”がありあり。

ゲーム性もAタイプなので、駆け引きもあったもんじゃなく、ひたすらぶん回してBONUSを引き当てて、レギュラーでなくてBIGに偏るの祈るとという展開になってしまう。当然、店側の内部設定次第なのだが、実ホールでは高設定など望むべくもなく・・・。

俺っちのホームにしているホールでは導入が無かったが、隣り町のデカいチェーン店では1台だけ稼働していた。あからさまに低設定だったので、数度打ったきりで、そのまま姿を消した。(5円スロにさえ残留しなかったので余程の人気薄だったのだな・・・w)


ゲームモードは3種類。演出が多彩な「48モード」、MVが流れつづける「ミュージックモード」、沖パチ風にハイビスカス点灯を待ち続ける「トロピカルモード」、となっているが、やはり「ミュージックモード」が家スロに最適ですわい。選べる楽曲は左のとおり。何故か過去のパチ&スロのチームサプライズ曲は入っていないのであった!

当機種で初採用の楽曲は
AKB
「ハイテンション」
「翼はいらない」
SKE
「金の愛、銀の愛」
NMB
「僕はいない」

の4曲なので、これを中心に設定6でダラダラと遊んでいきたい。

ギャラガアレンジメントのインストカードをアレンジ(というかでっちあげ)

外出を自粛して、ブラスト筐体に入れた『ナムコクラシックコレクションVol.1』で『ギャラガアレンジメント』をプレイする日々。

ふと思いついて筐体用のインストカードを作ってみることにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ホンモノの『ナムコクラシックコレクションVol.1』のインストは、ゲーム自体がのオムニバス形式のため個々のゲーム内容はオリジナル版の3本をアッサリとしか紹介していないのだ。

やはり『ギャラガアレンジメント』最大の特長であるデュアルファイターのバリエーションについて書かなきゃね。ということで↓このようなモノをでっちあげてみた。


実際に筐体に入れてみたら、あらイイ感じじゃないの!(自己満足)

ブラストシティの電源修理(?)


ブラストシティの電源ユニット。電解コンデンサを取り換えてみた。12Vの電圧は劇的な改善はしなかったが5Vと3.3Vがマシな感じになったので良しとしよう。


先般、画面の上下反転ユニットを取り付けたので、namco系の縦画面基板を映してみんと欲す。

ほぼNAOMIしか映してなかったこのブラスト筐体だが、元々JAMMA結線にカプコン製コンバータという組み合わせで動作しているので、JAMMA基板である『ナムコクラシックコレクションVol.1』は挿すだけで動くハズ。

音声をステレオにするのに少しだけ手間がかかる。JAMMAのスピーカー配線がL(左)音声で、拡張コネクタからR(右)音声を取る必要があるのだった。


あっさりとバッチリクッキリ映った!

というのは嘘で、筐体内のRGB中継コネクタが抜けてるのに気づかずに画面が出なくて焦りまくったのは内緒。

 

『ゼビウス アレンジメント』を選択し、左隣りのNewアストロシティにPS3版『ナムコミュージアム.comm』の『ゼビウスリザレクション』を映せば、ゼビウスのリメイクゲームの2台競演が実現だ!(リリースは実に7年の開き)
『ナムコクラシックコレクションVol.1』はこれまでテーブル筐体でしか映してなかったので、ブラストの大きい画面でプレイすると新鮮な気持ちになるな。

『ギャラガ アレンジメント』が目的で購入した基板ではあるが、『ゼビウス アレンジメント』の方も地に足付けて攻略してみようかな?

 

ナオミ姉さん、プチ整形してた!


ブラストシティ筐体の方のNAOMIの動作確認をしたところ、どうにも不安定。NAOMIのロゴが出るがその先に行ったり行かなかったり。

別の予備本体で試してみたところ同事象なので、どうやらブラストシティの電源に問題ありの様子。

 

 

 

電圧を計測すると12Vが11.58Vしか出ていなかった。

別のセガ電源(12.19V出てる)に繋ぎ変えて、ちゃんと起動することを確認できた。

 

となると、ブラスト電源を外してメンテしなきゃならんなぁ。コンデンサの交換からやってみるか・・・

とりあえず電解コンデンサの一覧をつくって、注文をかけんと欲す。
・16V 2200μF
・10V 6800μF ×3
・25V 100μF
・50V 0.47μF ×2
・200V 820μF
・35V 47μF
・50V 1μF
・50V 10μF ×2
・35V 22μF

今回2台のNAOMI姉さんを並べてみて、初期型(?)の方はトップカバーの通風用の丸穴が少ないことに気づく。初期型は排熱に問題でも出たんかなぁ?

タイミング的にはソフトの供給がROMカートリッジから、GD-ROMユニット運用に切替わったあたりなのかも。2001~2年頃?もう20年前になるやんけ!

ゼビウスリザレクションをクリア


『ゼビウスリザレクション』コンティニューを駆使して、どうにか全16エリア突破。

原作みたくループせずにブラグザの最終形態ボスを倒すとエンディングのスタッフロールになってゲームオーバー。(ひょっとしてストーリーモードだからかな?ハイスコアアタックモードならループするのかも)

エリア12ボスや最終ボスよりもエリア9ボスの方が苦戦した。波紋のように広がってくる円状レーザーの減衰のタイミングが見切れなくて、コチラのバリアとの相殺タイミングがなかなか掴めなかった。

スタンプは1個残して全部開いた。残りの1個は50回起動すればイイらしいので後でやってみよう。

逆転チェスト!

ブラストシティ筐体に映すと縦画面モードが逆さまになる『ナムコミュージアム(PS版)』。
そんなにプレイしないし、特に対応しなくていいか・・・と言った舌の根も乾かぬうちに謎のスイッチを増設!

逆転チェストー!

掛け声とともにスイッチをONにすれば・・・

 

 

 

 

『ガラャギ』になってたものがたちまち『ギャラガ』に元通り。

 

 

 

 

 

『ゼビウス』も『ギャプラス』も正位置で遊べるようになったんだはー。

 

 

 

 

スィッチがつながった先の本体は某オークションで購入したコイツ。『SEGAブラスト筐体モニターの上下反転ユニットSW』という正にピンポイントな商品。北海道のアーケードゲーム系を扱っている業者さん作成によるもの。5800円+送料520円。

本来ならモニター基板の偏向ヨークの極性の信号線のコネクタを手動で抜いて逆にして差し直すことで実現する反転機能をリレー回路でパチンと一括変更できるようにする仕組み。

単純に信号線を引き出した先にスイッチをつけただけの安い部品を提供している業者もいるが、信号線の減衰やノイズを考えるとリレー回路でモニタ基板に近いところで切り替えた方が良いのは言うまでもない。