カテゴリー別アーカイブ: ゲームボーイ・GBA

痛勤ヒトフデ

『通勤ヒトフデ』は2005年に発売されたゲームボーイアドバンス用のパズルゲーム。

 

 

ゲームボーイミクロ本体と同時購入したもののしばらく放置していたが、親父が急死して忌引休暇中の葬儀だナンダの合い間のプレイに最適と思い立ち、チマチマ遊んでクリアした思い出のソフト。イイ具合に悲しみを紛らわせてくれていたのかもな・・・。

せっかくなので、再プレイにチャレンジ!

すげー難儀したが、どうやら2周目のクリアに到達したよ。

 

 

 

 

 

 

続々・パズニック王に俺はなる!


ゲームボーイ版のパズニックは全128問の構成。ステージやレベルの分岐は無く、ひたすら一本道を歩きつづけるのだ。

出題内容はアーケード版やPCE版で見たことのあるものもあるが、画面内を上下や左右に動くブロックが廃止されているので、その分代わりのオリジナル問題が補充されている。

 

 

傾向としては、移動のタイミングに左右されるアクション要素が必要な面が無くなり、離れた場所からブロックを運んでくる際の“手順の積み重ねを吟味する”面が増えた。携帯機向けということで電車等での移動体の中でのプレイを考慮した結果なのだろう。パズルのルールとしては全然別モノだが、後にゲームボーイアドバンスで出た『通勤ヒトフデ』と同じような感触だ。

ご褒美の美少女イラストは6種類用意されてるのだが、10問クリアする毎に1枚表示。但し、その間のリトライを10回以内に留めないといけないという鬼仕様。しかもパスワードで途中から開始するとイラストも1人目に戻ってしまう(!)ので、6種見るには結局60問ぶっ通しで解き続けるしかない。実機ではムズカシイので、ステートセーブができるレトロフリークやエミュでプレイするのが吉だな。

 

←128面をクリアしたご褒美がコチラ。

6人の美少女が勢揃い!・・・なんてことはなく文字のみ。やはり鬼だ・・・。