カテゴリー別アーカイブ: ファミコン・ENS

クーソーはアタマのコヤシでした・・・

『NAMCO MUSEUM ARCHIVES』のVol.1とVol.2をまとめて購入!

当初はSwitch版の「ナムコットコレクション」のパッケージ版を購入するつもりでいたのだが、実績欲しさと任天堂以外のハードでファミコンソフトが動く様子を見たかったから、ソッチの予約をキャンセルしてコッチを買ったのだ。

日本のMSストアでも買えるようになるとうアナウンスがギリギリまで無かったため、知らずにわざわざ北米ストアでドル建てで買っちゃたよ!ぴえん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに日本のストアで買ってもゲーム内本編の表記は英語のまんまらしいので、変りなし。


解説文やメニューまわりは英語表記でも、本編ソフトは日本版(=ファミコン版)っぽい。namcoTの文字も残してあるし。

 

Vol.1には『ゼビウス』が入っていて、Vol.2には『スーパーゼビウス ガンプの謎』が入っている!!

ガンプの謎はSwitch版のDLC3弾までのラインナップにも入っていないので、今のところ『ミュージアム版』の優位点。

実のところ、ファミコン現役時代は本体を流行のピークを過ぎてから「DDS女神転生」をプレイしたくて購入したクチなので他のナムコットシリーズはリアルタイムでプレイしてきて無かったのよね。今になって新鮮な気持ちでプレイできるよ。

 

その「DDS女神転生」はSwitch版の方のDLC第3弾にラインナップされている。MUSEUM版の方はVol.3以降の情報は未だ無いようだが、「ワルキューレの冒険」とか日本語から英語に作り直しがムズカシイものはMUSEUM版には来ないのかも知れないなぁ。はじめからナムコットシリーズとしてのコンプが無理なので『コレクション』と名付けなかったのかと推測。

そして目玉の「ギャプラス」。Switch版ではDLC20本購入の特典となるらしいが、MUSEUM版ではVol.2にスルっと収録されちょる。このところのM2の”お家芸”になってる【ゲーム史のif】シリーズ。まだちょっとしか触ってないが、オリジナルのアーケード版の雰囲気そのままのプレイ感のギャプラスがファミコンのアーキテクチャ上で動作してる奇跡の御業だ!

 

【6月20日追記】---------------------------

わかりづらいミュージアム版とコレクション版の収録一覧を作ってみたので貼っておくとす。ミュージアム版がVol.3以降どうなるのかは未だ発表は無い。な「ワルキューレの冒険」とか「DDS女神転生」はNES版て存在するのかしら?英語への翻訳がムズカシイものはミュージアム版では出ないんだろうなぁと推測される。基本はVol.3待ちで、どうしても欲しいものだけSwitch版で単品購入する作戦でいこうと思った。

続々々・パズニック王に俺はなる!

ファミコン版のパズニックはタイトーの許諾を受けたIGSから発売されている。

1レベルにつき10問づつ、LEVEL16まであるので、全160問。ルートの分岐は無く、ひたすら順番に当たっていくしかない。

ゲームボーイ版ではオミットされていた移動ブロックも復活し、問題もほぼPCエンジン版で見たことのあるものばかり。

ブロックの絵柄が1種類のセットしかなくて、シンプル極まりない。

 

 

クリア途中でのご褒美も何もなく、160問を解いたところで1枚絵の美少女イラストが表示され・・・

 

 

 

 

 

そのままゲームオーバー。

徹底的にシンプルなつくりだ。

正解は昭和91年!

ディスクスマイルズ?

戦利品昨日の中古屋めぐりの戦利品。ぐるぐる大帝国館林店にてXbox360ソフト3本で2500円(税別)のコーナーから俺っちなりに厳選した3つを救出。

「デススマイルズ」は通常版を持っているが、プラコレ版にはDLC要素が最初から入ってるんだな。“廉価版”のハズのプラコレに追加要素があるというのは「シュタインズゲート」もそうだったケド、通常版を発売日直後に購入した身としては非常に解せぬ商売方法だと思う。

「ロボティクス・ノーツ」は、「シュタインズ~」ほど評判はよろしくないので、中古を狙ってたのだが、スマホケースやら設定資料集が付いてがさばる限定版はイラねと思っていたトコロ、今回通常版を発見したのでGET。

「HITMAN ブラッドマネー」は本数合わせ。どんなゲームか詳細を知らずに購入したが、暗殺モノということで以前ハマった「ベルベットアサシン」みたいだとイイなぁ。

で、天気がよかったので、ドライブがてらハードオフ大泉店まで足を延ばしてみた。初の臨店だったが、ここはオフハウスとの合体店舗なのでブックオフと合体している佐野店とはまた違った雰囲気。ジャンクコーナーにてファミコンのディスクシステムを見つけた。。「読込みNG」とのことだが、例のゴムベルト交換ぐらいで治るといいなぁとの目論みで購入。修理不能だとしてもBIOSが吸い出せればそれで良しだし、それもダメだったらガワが結構キレイなのでインテリアとして飾るし。

そうそう、館林から大泉に向かう際の国道354線が様変わりしていて面食らった。道なりに走っていったら最近完成したらしいバイパスに沿って中心街から大きく北に迂回するハメになってしまった。俺っちのカーナビでは道路が表示されずにルート再計算しまくってちょっち焦ったよw。

ルート図

コンゴトモ、1.2.3.4ヨロシク

女神転生ウチのソフト群の中で、レトロフリークで唯一読み出し不可だったファミコン版「デジタルデビル物語 女神転生」。

ネット情報では、読み出しできた人もいるらしくて、気になったし、悔しかったので某オークションで別のROMカセットを落札購入して試してみた。

一応、端子の掃除をしてから、スロットに挿入したところ・・・

 

 

吸出し成功

 

拍子抜けする程あっけなく認識&取り込み完了。

 

 

カセット比較左側が、元々持ってたファミコンハウス館林店で新品購入(但し店員割引価格w)したもので、右側が今回落札した裸ソフト。

 

 

シールの向き

 

両者に何か差は無いか、目を皿のようにして見る。

天面ラベルの向きが逆だが、これは当時のナムコットブランドのファミコンカセットは、購入者が自分でソフトに同梱されているシールを貼るという謎仕様だったためで、工場出荷時の差異ではない・・・。

 

 

 

DSC_0250

 

おお。基板の色が違うことを発見!!

緑色なのが読み込み不可のモノで、白色のモノが読み込み可だった今回購入品。

製造ロットの差だと思われるが、白色の方が後期バージョンなのかもね。アーケード版のアルカノイドは、コピー対策として基板が白色だったと聞いたことがある。白色だとプリント配線を目で追いづらいからというのが理由らしいケド、本当のところは知らない・・・。

 

この状況をツイッターでつぶやいたところ、結構あちこちから反応が返ってきた。

「女神転生」に限らず、ロッド違いでレトロフリークで認識しないソフトは、まだ他にもあるみたいだ。今後のファームウェアのバージョンアップで徐々に対応していくとは思うケドね。

で、2本になった「女神転生」どうするんだ俺w

 

しつこい黒ズミ汚れもピカピカに?

ラグの店 万能Jrくん

 

 

 

ラグの店でアメジストと「スーパークリーナー万能Jrくん」を交換してきました!!

黒ズミ端子これで、ファミカセの端子部分の黒ズミ汚れを除去すれば、レトロフリークへの取込みエラーが解消するぅ!

ハズだった・・・。

 

確かに端子はピカピカになったものの、吸出し時にエラーが出て認識しない状況は一向に改善しません(涙)。

実機で動作

試しに繋いだ

旧ファミコンの実機ではちゃんと動作するよ!!

となると、レトロフリーク側の問題ってコトなのか????

 

 

 

 

 

 

「実機で動くなら実機でプレイすればいいやん。」というご意見もあろうが、

40ケタのパスワード今のご時世、40ケタのパスワードの都度入力は避けたいのにゃー。

古いニューハードが到着

DSC_0139 DSC_0142 DSC_0141昼前に「市川から発送」となっていたので、明日になるかとも思ったが、19:36に無事到着して、早速動作確認開始。

我が家にはレトロハードの各種コントローラもあり、同梱の変換コンバータも気にはなるが、ひとまず操作性重視で、セガサターン型のUSBパッドを接続。

この日のために、約半年前にネットオークションで入手したPCエンジン版「ダライアスプラス」をサクっと起動。

さすがのHDMI接続なので、ハッキリ&クッキリな映像だわい。

 

 

DSC_0148 DSC_0149

残念ながら、一番遊びたかったFC版「女神転生」はカートリッジエラーが出て、読み込まない!

 

エタノール&接点復活剤で、コネクタエッジの清掃をしてみたが、改善せず・・・。

明日になったら、目の細かいサンドペーパーを端子部分にかけてみることとす。

 

DSC_0147FC版「女神転生Ⅱ」の方は、一発で読み取った。「データベースに無いよ」的なワーニングメッセージが出たが、そのまま起動可能だった。

 

オープニング~スタートの部分しか動作させていないが、ナムコ製特殊音源チップ(N160)の音色の再現はイイ感じに聴こえているぞ。

メガドライブ&SFC系のソフトは、明日のお楽しみにするか・・・

空想してから寝た

DSC_0006
先日コンプリートしたのは「保存用」として、「使う用」が欲しくなり「ギャラガ」と「ゼビウス」をチョイス。

ご覧のように、パッケージにはナムコットのブランド時代のファミコンソフトのパッケージに似せたシールが貼ってある点も芸が細かくてよい。

一応OLDゲーマーとしてこだわっておくと、左上の通し番号は今回のプレートチェーン用のナンバーになっており、ファミコンソフトの番号とは相違している。

チェーンNo. → ファミコンNo.
1:パックマン →  1:ギャラクシアン
2:ギャラガ → 2:パックマン
3:ディグダグ → 3:ゼビウス
4:ゼビウス → 4:マッピー
5:マッピー → 5:ギャラガ
6:ドルアーガの塔 → 6:ディグダグ
7:ファミスタ → 7:ドルアーガの塔

ギャラクシアンの無い分繰り上げになっているという単純なモノではなく、ギャラガが出世(?)しているのは謎だが、「ギャラガ好き」の俺としては満足。

なお強引に捻じ込まれてる感ありありの「ファミスタ」の初代は「プロ野球 ファミリースタジアム」というフルネームであり、発売時点で既にファミコンソフト用の通し番号(=紙箱)は廃止されてた。ちなみに、略称だった「ファミスタ」が正式名称になったのはシリーズ4作目の「’89開幕版」から。

シールはファミコン風だがプレートチェーン自体に使用されてる画像はアーケード版のもので、その中で唯一ファミコン版画像の「ファミスタ」だけ若干色数的に見劣りしている気がする。かと言って、アーケード版の「ワールドスタジアム」の画像を持ってきちゃうとソレは違うダロって話になるし・・・。デザイナーの苦労がしのばれるね。

 

 

さらに欲しいNewハード!

レトロフリーク概念図去年の夏ごろ「レトロン5」なるレトロハード互換機を紹介したが、今度は更にPCエンジン系にまで対応した新機種、その名も「レトロフリーク」なるものが発売予定にあがってきた!

 

「レトロン5」は海外製で日本国内販売の公式ルートが無かったため、輸入ゲーム店で割高なものを買うか、リスク高めな個人輸入を使うしか入手方法がなく、俺自身も購入を見合わせていたのだが、今回の「レトロフリーク」はコードフリークや各種周辺機器で有名なサイバーガジェット社が販売するので、その販売網に乗れば近所のゲームショップでも買えるということになるので、入手のし易さだけ見てもありがたいことだ。

「レトロン5」を実際に触った人によれば、ゲームによっては遅延が発生してプレイに支障が出るとの報告もあった。詳細なハードスペックは非公開だったが、スマホレベルのCPU+アンドロイドOS上で各ハードのエミュレーションソフトが動いているとのことだった。おそらく「レトロフリーク」も仕組みは同原理だと思われるが、6ヶ月以上の後発ということで、その分CPUの性能も上がっているだろうし、販売見込数が多ければさらに上位の性能のCPUが用意できるだろうとも推測できる。したがって、快適なプレイという点からもかなり期待大だ。

ウチのPCエンジンソフトコレクションともども、サイバーガジェットからの続報を待つ!

あと、外付けCDドライブとかで、CD-ROM2やメガCDにも対応してくれると万々歳なのだが・・・

欲しいNewハード!

retron5いよいよXboxOneの日本発売日がせまってきたわけだが、いまいち盛り上がらない俺ガイルw

「ベヨ2」が出るWiiUも気になっていたが、今般こんなハードが出たようで。

 

「レトロン5」という名前で、ファミコンやらスーファミやらメガドラやらゲームボーイやらのRomが刺さって、HDMI出力で遊べるらしいっす。

 

 

 

中身は、ゲームソフトのROMカートリッジのデーター吸出し機とアンドロイドOSで動くエミュレータで構成されてるらしいっす。

「吸出したROMデータはカートリッジを抜くたびに初期化する」という仕様で、著作権問題をスルーしている様です。

大きな声ぢゃ言えませんが、改造してSDカードに書き出せるようになれば、まさに“無敵”のゲームハードになる予感がするな。あと、PCエンジンにも対応してくれれば・・・。