カテゴリー別アーカイブ: 周辺機器

いま再びの土星旅行

ウチにはゲーム機のサターンが2台ある。

1台目はセガサターン(初期型)で「バーチャ―ファイター」といっしょに購入したもの。当時は”次世代機戦争”の開戦直後で、プレイステーション&「リッジレーサー」とどちらを買おうか悩んだ末にコッチを選んだのだ。

2代目はビクター製のVサターン(後期型)で2008年に入手したもの。同年の少し前に入手したアーケード筐体の中にサターン(とPS2)を仕込んで、アーケードからの移植版ソフトをアーケードのまんまな環境でプレイすることを目論んだのだが、この時1台目のセガサターンのドライブが動作せずに使用不能となっていたために急遽ヤフオクで落札したものだ。

アーケード筐体にRGB変換で映像を映し、ジョイスティックを”乗っ取って”プレイ環境を整えたが、結局シューティング(ダライアス外伝や蒼穹紅蓮隊)や対戦格闘(ストⅡやヴァンパイアセイバー)を少しだけプレイしただけで終わりにしてしまっていた。だがしかし、この時CDドライブがダメになったセガサターンが復活する時が来た!

MODEという名のドライブエミュレーターを購入。セガサターンのCDドライブとドリームキャストのGDドライブと物理的に置き換えて、あたかも光学ドライブのフリをしてHDD/SDDまたはSDカードにファイル化しておいたソフトのISOデータを本体側に渡すというスグレモノ。

以前、ドリームキャスト用のGDEMU(の安価版)を使用して便利だったので、今回サターンも同じような形態にしてみんと欲す。

例によって「今日から俺がサービスマンだ!」の呪文を唱えてから裏ブタを開ける。今回改造するサターンは初期も初期なので当然20pin型という奴なのだが、説明書のPDFに載ってる画像は21pinの後期型サターンなので、再接続するケーブルコネクタの数と位置が少々違うが、まあ問題なく完了した。

むしろ作業として大変なのは、サターンソフトのリッピングの方だった。サターン時代のCD-ROMは特にプロテクト的なものはかかっていないので、CDマニュピレーターで片っ端からぶっこ抜くだけとはいえ、かなりの量があった。

左上の写真で、ゲーム名が”?”になってしまって認識されなかった3本は、ファイル名にうっかりローマ数字のⅡを入れちゃった「ギャラクシーフォースII」と「パンツァードラグーンII (ツヴァイ)」と全角スペースを入れちゃった「桃太郎道中記』だったわ。半角文字に置き換えたら無事に表示&認識された。

なんか、プレイした覚えのないソフト・・・どころか買った覚えのないソフトも結構あるのは何でだ?と思ったが、例のVサターンをオークションで落札したときに数十本の中古ソフトもついて来てたんだっけ。

実に20年越しの積みゲーががが!

Warning! MD互換機用カートリッジ急速接近中!

メガドライブには「ダライアスⅡ」しか出ていないハズが、何故か(※)メガドライブミニに収録された「ダライアス」。コレが「EXTRAバージョン」に改修された上でPS4とSwitch上で動くものが来年発売予定の「ダライアスコズミックリベレーション」(の尼プラ版にだけ!)にオマケで付属するという。さらにファミ通DX限定版にはROMカートリッジも付属するという何が起きてるか良くワカラナイ令和2年!

ROMカートリッジは大人の事情で、「メガドライブ版」とは表示できないので「MD/MD互換機版」となっている。一時は限定版の購入不可避か?とも思われたが、なんとコロンバスサークルから単品発売もされるというのでひと安心。

セガは非公認と言っているが、今更メガドライブのソフトを検証して認可するセクションもセガ社の部内に無いとのことで、正確に言うと未公認なのかな?

勿論タイトーは公認していて、セガの代わりに色々なメガドラ系ハードで事前チェックはしているみたいだ・・・。

それでもって、これを迎え撃つ準備として、メガドライブ本体のメンテを開始。

コントローラの反応が悪い状態になっていたので、分解して清掃。ボタンの接点端子に導電ゴムのカスがこびり付いていたので、念入りに除去して磨きあげた。

組み上げたついでに、メガドライブのコントローラがマスターシステムでも使えることを検証してみた。

MDのBボタンがMSの1ボタン、MDのCボタンがMSの2ボタンとして機能する。(Aボタンは未使用となる)

メガドラのコントローラの方が大きくて手になじむので、プレイし易い事に三十数年ぶりに気づいたよ。

少しアレスタを実機でやり込んでみるかな?

PCエンジン用 謎ブースター


先月ebayで購入した謎アイテムが到着。中国からの発送なのでコロナ禍による運送便遅延の影響をモロにかぶって1ヶ月以上かかった。

説明書の類はついてナイので、エイヤっとコンポーネント→D端子のケーブルをつないでの接続試験をしてみたものの・・・

 

 

 

 

 

 

 

あちゃあ。同期がとれませぬ。

同期信号をコンポジットから拾うと、同期はとれるが当然緑色が発色しない。

 

 

静止画だと一見よさそうに見えるケド、実際の画面はやたら赤っぽく見える。

 

 

 

コンポジット+音声でつなげば当然ながら正しい色でバッチリ出力。

コナミ製のRFからのコンバートだと縞模様が出てたけど、それも無くキレイな映像だ。

 

 

 

うまく映らなかったのは、どうやらコンポーネント信号ではなくて、RGB信号が出ているせいらしい。ケーブルを自作すれば15KhzのPCモニタに映せるかも知れんが今日はここまで。

XboxOneコントローラの修理

少し前に不調となったXboxOne用コントローラ。
左のアナログスティックがセンター回帰せず、「GEARS 5」をプレイするとキャラがジワリジワリと前ににじり出てしまう現象が発生していた。

2月に買ったサードパーティ製有線コントローラも使用感は悪くはナイのだが、やはり純正コンは生かしておきたくなって、使えそうな交換部品を見繕って修理にチャレンジしてみんと欲す。アルプス電気の【RKJXV1224005】ってやつ3個で639円也。
元の部品を取り外すにあたり、ハンダ吸取線でチマチマとした作業が要。端子の接点が14箇所もあるのだー。
交換後、無事に動作することを確認。キャラが勝手に動くことはなくなった!

ひょ、漂白です・・・か・・・?


ワイドハイターEXと過炭酸ソーダの混合液で、漂白作業をしているのは・・・

布マスクだと思った?

 

残念!PCエンジンでしたぁ!

ウチにある3台の初期型PCエンジン。通称は白エンジンなのだが、すっかり黄エンジンになっちまってた。特に当時新品で購入した愛着ある1台(写真下段右)はあきらかに他の2台よりくすんでいる。

裏も同様だ。

 

 

 

ネットで見つけた複数の「PCエンジンの漂白」の記事を元にやってみたってワケさ。2日間付け込んだ後、組み立て直してこんな感じになったッス。

一番黄ばんでたのもどうにか”白”と言っていいぐらいに回復。他の2台は新品とまではいかないまでもかなりの白さを取り戻した。


動作テストに用いたのは「麻雀学園 東間宗四郎登場」。”マイルド”ぢゃなくて”ビター”の方!

白エンジンは本体にRF出力しかナイため、コナミの「ゲームセレクタ RU003」を使ってコンポジットに変換してTVへ。コイツも数年ぶりの稼働なのだが、ちゃんと映ってひと安心。

白エンジン3号機は最初に画が出なくて焦ったが、どうやらRF出力部分の1Chと2Chの切替スイッチの接触不良と判明。1Ch側にハンダで固定してしまう対処をして無事に画が出るようになりましたとさ。

PCエンジンのコントローラをかき集めて、PCE2USBの動作確認だ

『PCE2USB』というアイテムを入手。3680円也。

いわゆる同人ハードで、PCエンジン実機用のコントローラをUSBに変換してPCエンジンminiで使用可能にするもの。

説明書上で動作確認済となっているコントローラはPI-PD001(初代の白いPCエンジンに付属していた白いパッド)、PI-PD002(白いターボパッド)、PI-PD06(コアグラに付属のグレーのターボパッド)、PCE-TP1(DUO-RXに付属の6ボタンパッド)の4つだけなので、ウチにあるそれ以外のコントローラで動作確認を行ってみた。

PI-PD5(ターボパッドⅡ)・・・OK
PCエンジンシャトル本体に付属のものと同じ。ガワ形状が違うだけで中身の基板はPI-PD6 (ターボパッドコアグラ色)と全く同じなので問題なく動作した。

NAPD-1001(アベニューパッド3)・・・OK

NECアベニューから発売のハード。ウチのはたしかフォゴットンワールド(業務用ロストワールドの移植)に同梱されてたもの。

中身のチップは純正パッドの互換品を使っていて、Ⅲボタン目はRUNボタンorSELECTボタンを切替えて割当てている仕組みだけなので、問題なく動作。

PI-PD4 (ターボスティック)・・・OK
見た目と通称はスティックだが、実は中身はデカいパッドと言った方がいいような造りだ。

ターボパッドは連射速度を3段階に切り替える仕組みだったが、コチラはボリュームによる無段階に調整できるのが特長。

御徒町の多慶屋で、「ファンタジーゾーン」と同時に購入した思い出。アマゾンなんて影も形もない当時は電車賃かけても秋葉原や御徒町に出かけた方が、地元で買うより安く買えたんだよナ。

 

CJPC0101 (パチンココントローラ)・・・OK?
ココナッツジャパン製パチ夫くんシリーズ用。電動ハンドル部分はPCエンジンminiにはパチ夫くんが収録されてないのでチェックできないが、十字キーとボタンは問題なく動作。つうか、使えるけど使いづらいのは仕様通りだw。
当時でもボンバーマンやモトローダーといったマルチタップを使った多人数対戦ソフトのハンデ戦(前回1位とったヤツが強制的にこのコントローラを使うルール)に最適なのだった。

そんなわけで、ひととおり動作確認をしたが、PCエンジンのHEシステム規格のコントローラに準拠しているとの事だけあって全て動作可能であった。


でもって、

絶縁チューブに巻かれただけの状態だと心もとないので、100均でUSBケーブルとビバホームで9V用電池ケースを買ってきて・・・


はいっ!こんな感じに加工してみたッス!
これで取り回しも安心かつラクチンになったよ。

いまさらPS3、いまさらゼビウスリザレクション。そして、ガラャギ。

mayflash製の『Universal Adapter』をいまさらながら入手。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所謂、ゲーム機のコントローラ変換器なのだが、ゲームコンソールの世代的には1個前のモノ。現行世代のXboxOneとPS4にも対応した後継上位バージョンの『同 Ultimate』もあるが、目的がXbox360とPS3の共存なのでコチラをセレクトした。

ウチのアーケード筐体には『アーケードマックス』をバラしたモノを内蔵させてXbox360とPCでのジョイスティック操作を可能としているが、これにPS3も繋げたいと思い立ったのがそもそものきっかけ。

 

 

『アーケードマックス』はPS3/Xbox360/PCの3種に対応している稀有なシロモノなのだが、動作モードとしては【Xbox360モード】と【PS3&PCモード】の2種なのだ。そのモード切替方法がスイッチではなくて【TURBOボタンを押しながらUSBケーブルを使いたいゲーム機の接続端子に挿す】というのが非常に煩わしい。

ただPCに【純正Xbox360コントローラのドライバ】を入れておくことで、モード切替作業無しで360とPCの両方で使用可能に出来ていた。

今回PS3も共存させるためには、やはりその都度面倒臭いモード切替を行うし かないのか?と思ったのだが、ふと閃いてアーケードマックスの前に【PS3←Xbox360】の変換器を嚙ませばスティック側は360モードのままいけるのではないかと思いついた。

問題となるのは変換器とアーケードマックスの相性。単純に【PS3←Xbox360】の変換をうたっている機器でもコントローラはMS純正に限ってしか動作せず、サードパーティ等から出ているアーケードスティックでは動作しないなんてこともザラにあるらしい。

いわばバクチ的な要素もあったが、ネットの先達者の記事でmayflash製の『Universal Adapter』を使って【HORI製Xbox360のリアルアーケードPro】を【PSVitaTV】につないでの動作が可能になったという報告を見たので、コレなら多分いけると踏んだ。

結果・・・

大成功!

『ナムコミュージアム.comm』がアーケード筐体で遊べるうぅぅぅ。

 

 



TV画面ではいまいちプレイしづらかった『ゼビウスリザレクション』もこれなら快適にプレイできるってもんです!

 

 

ナムコの往年のタイトルのアレンジ物ってあまり俺っちの好みと方向性が違うものが多かったりするんだけど、コイツは画面こそハデになっていたので、最初は『ネビュラスレイ』っぽいか?と思ったりもしたが、自機の操作感等の基本のところはちゃんと『ゼビウス』しててイイ感じだな。少々集中してやり込んでみてもいいかな。

ついでに、縦画面筐体の方に初代PSの『ナムコミュージアムVol.1』を映してみた。PS3では初代用ディスクも動作するが、今回はVitaTV用にDL購入したPSアーカイブ版の方!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらま、残念『ギャラガ』が『ガラャギ』に!

ソフト側では90度回転しかできない仕様で天地逆(270度回転)は不可。モニタ基板のコネクタによる反転をしてしまうとNAOMIの動作時に困るし、簡単に反転できるようにするユニットも世の中にあるにはあるが、そこまでして初代ナムミューをアーケード筐体で遊ぶのか?は疑問。今となっては移植度も低めだしな。なので、とりあえずこれはネタどまり。

コントローラ・クリッピング・ルンバ

人類が増えすぎたゲームコントローラを壁にかけるようなって、既に半世紀が過ぎていた・・・。(by.永井一郎)

 

 

 

 

以前3画面プレイ環境を整えた際に設置したゲームコントローラ用フック。

別記事にしたつもりだったがしてなかったコトに気づいた時には2年近く過ぎていた。なので今回壁掛け用に増設するのを機にまとめてみた。

元々はネットで見かけたお洒落なコントローラ収納方法に実際の制作方法まで載っていたのを発見したのが最初。構造的には丸パクリなので、エラソーなことは言えない。サイトはココ→『Wall Clip – Hang Video Controllers on Walls

この作り方では切り出した銅線をプラスチックチューブに通すトコからやっているが、日本でホビークラフト用のハリガネ細工の素材としてカラーワイヤ(デザインワイヤ)なるものが商品化されているのを発見。

日本化線株式会社の製品で、商品名は『自遊自在』。様々なカラーと線径のバリエーションが存在するが、6㎜のメタリックブルーをチョイス。(メタリック色は通常色に比べてちょっとだけ割高)

 

 

コイツを切り出すのだが、オリジナルサイトはインチ標記でやがったので、大体の換算で25cmにした。そうすれば2mの素材が無駄なく利用できる寸法だ。

両端のキャップは『デザインキャップ』という名称で自遊自在のオプション品として用意されている。コントローラ保持部分のビニールチューブも同じくオプション品の『アイ・ジョイント』という本来はワイヤ同士を繋ぐためのモノなのだがコレを半分に切って使用した。なお、アイ・ ジョイントを通す際にはお湯に浸けてやわらくしてからやると作業がラクだ。

 

 

 

 

 

本家サイトのとおりに塩ビパイプで折り曲げ加工用の冶具もつくった。本家で使用している銅線に比べて『自遊自在』の心材はアルミ線で柔らかいので、ここまで凝る必要はなかった気もするが・・・。まぁ作業的にラクのなるので良し。

固定用にはホームセンターで買ってきた『ナイロンサドル』φ6.3を使う。

板壁に設置するならこのままサドルをネジ留めするのだが、

 

 

 

 

 

今回はプラ製のフックに通して、先端を折り取って・・・

 

収納庫の扉に森泉が設置したダイソー製(ただし200円)のワイヤーネット。

そこに

コレをこうしてこうじゃ!!

 

 

イイ感じになったので、『自遊自在』を買い足してもう少し量産することとする。

飯場育ちのハッパ64、64~♪

親切なYoutuberから、任天堂の最新ゲーム機のプレゼントが届いた。(勿論嘘!)

今、俺ん家には空前の北米ナムコブームが到来中!

GBAのROMはeBayにて入手したもの。ゲームボーイミクロで動作確認したところGAMEBOYロゴから先に進まない事象が出て、一瞬ビビッたが、レトロフリーク購入時に買った「万能くん」というクリーナーを使い綿棒で接点端子を磨いて無事復活した。

 

 

 

NINTENDO64は、本体&コントローラ&ACアダプタのみで、TVに繋げるケーブルが付属していなかったが、我が家の備品からSFC用に使っていたものをサクッと発掘して準備万端ととのった。

NINTENDO64のリージョン制限はROMカートリッジの形状を変えることで、他地域のカートリッジが物理的に刺さらないようにしてある単純な仕組みで、電気的な信号は同じなのだ。

海外版のカセットを日本版本体で使うには
1:ROMカートリッジ(の背面)を日本版ROMのものと交換してしまう。
2:日本版本体のカートリッジ挿入口を加工してしまう。
3:変換アダプタを使う。
のいずれかの方法があるが、大人な俺は今回3の変換アダプタを購入してみた。

2階建ての姿にSFCのXBANDとか、MDの「ソニック&ナックルズ」を思い出す・・・ね。ね?

 

お目当てだった「NAMCO MUSEUM64」は、アッサリ起動。画面の下辺が少々見切れているが、アジャスト機能は無いので、直せない。とほほ。早速「ギャラガ」を試す。ゲームの進行自体には問題ないのだが、音楽に不具合が発生。チャレンジステージ開始時に何故かスタート時の音楽が流れ、パーフェクトを取っていないのにパーフェクト時のファンファーレが鳴る。パーフェクトを取ると今度はハイスコア時のネームエントリーの曲が流れるという具合に当該場面ごとに呼び出すBGMの番号が一つづつズレてるように見える。

これがソフト自体のバグなのか、このカートリッジが不良品なのか、或いは無理矢理日本版本体で動作させている所為なのか?引き続き調査が必要だなぁ…。

 

 

続いて「RR64」こと「Ridge Racer 64」。ROMカートリッジでリッジレーサーが動いていると違和感を感じるね。OPムービーも頑張ってる。

何より、同年発売のPS2ローンチ「Ridge Racer V 」では深水藍に取って代わられちゃった永瀬麗子がコッチにはちゃんと出てくるところがイイね!

ゲーム自体はしっかり「リッジ」している。シリーズ前作の「R4」は若干それまでのテイストと違う路線だったが、「初代」と「レボリューションの頃に戻ったような印象。

 

 

ただ64のコントローラで速く走るにはかなりの慣れが必要かも知れない。
とは言え「初代」などは、十字キー(デジタル入力)で操作してたのだから、やってやれないことは無い(ハズ)。あれ?そういやネジコン派だったっけ俺?

せっかく本体を入手したので海外版だけじゃ勿体ないと思い、ハードオフのジャンクコーナーから5本ばかり救出。コントローラーパックと振動パックも忘れずに!PS用のボリュームコントローラもついでに購入して、これで全部で1404円!コントローラーパックは前の持ち主(であろう)林裕子さんの名前入りw(残念ながらセーブデータは初期化されてました。)

接点端子を掃除して、5本とも無事起動。

光学メディア媒体と比べてROMカートリッジは堅牢なのだなと再認識。

ただ、現行世代のHDMI出力映像を見慣れた身体に、S端子出力の全体的にボヤっとした映像は文字通りのモヤモヤポイントだ。

 

 

とは言え64本体にはRGB出力の機能はないので何か方策を考えるしかないか・・・。

フロムUSA!

アーマーゾーン!のcomの方から2発同時に着弾。
ソニックマニアコレクターズエディションのXboxOne版』。日本では限定版はPS4版のみがセガストア限定販売で、XboxOne版とSwitch版は無かったことにされてたので、北米尼でサクっと注文したわけだ。

ソニックフィギュアは思ったよりデカい。ジェネシス本体を模した台座部分はメガドラ実機と比べると細かな差異があるが、メガドラとジェネシス間の差異なのか、今回台座として簡略化された部分なのかよくわからん。
一番気がかりだったXboxOne版のDLコードは特に本体の地域設定を変えることなく日本のまま認識してメニュー等も日本語化されてる日本版がDLできた。

早速1面をプレイ。最初のソニックをメガドラで起動した当時の頃を思い出した。これは良作。

もう1つの荷物は『XboxOneワイアードコントローラー』。これまた日本での取り扱いがない、北米尼専売の商品。

背面にはウロコ状の凹凸加工がされておりグリップ感は上々。グリップ幅は純正ワイアレスコントローラよりやや狭く、握った感じはXbox360のコントローラの方に近い。なによりバッテリが無い分だけ軽いのが良いね。

ケーブル長は約3m。USBコネクタ側には旧来からのXboxユーザーにはお馴染みのクイックリリースコネクタの仕組みが・・・。

 

本体との接続が有効な際には俗にいう「シイタケボタン」自体ではなくその下のLEDが点灯する。(写真では青色に見えるが実際は白色)

 

これも含めて、全体的に造りが安っぽい印象なのだが、実際に安いんだからしょうがないよね。