カテゴリー別アーカイブ: 3DS・DS

3DSの三銃士!

コナミアーケードコレクション以前から欲しかった「コナミアーケードコレクション」をついに中古で購入。

3DSでなくてDSのソフトの割には、それなりのお値段で“ほぼ発売時点の定価”でした。まぁ、それでも完全にプレミア化しているワケではないので、今が買い時かなと思ったのだ。

収録タイトルのうちメインとなるのは、やっぱ「グラディウス」でしょう。

世間でチョイ前に話題になってた“ほぼ完璧”とも思われるPS3のアーケードアーカイブス版と比べられちゃうと、移植の出来具合的にはちょっとキビシイけど「グラディウス」を持ち運べて手軽にプレイできるのは大きな利点だね。

グラディウス3ds メネシスdsDSの本体設定で言語を英語にしておくと、「グラディウス」が海外版の「ネメシス」に自動で切り替わることも試してみた。

タイトルだけでなくゲーム内容(≒難易度)にも相違点があるらしいが、詳細は未検証。

写真左:3DSで動作中の「グラディウス」。写真右:DSで動作中の「ネメシス」。

しかしながら、3DSは言語が日本語固定(リージョンロック)なので、日本版「グラディウス」しか遊べませんー。んーー残念!!!(3DSがあるからってDSは処分できないってコトね。)

三銃士とにもかくにも以前購入した3DSソフトセレクタが「コナミ」「ナムコ」「セガ」のアーケード系オムニバスでめでたく埋まった。

これで安心だね!(←何が?)

都合4画面・・・

外部モニタ 外部モニタ2

 

 

 

 

 

 

 

いまさらながら、「ナムコミュージアムDS」に搭載されていた「ライブモニタ機能」を試してみた。

これは最大で3台のDSにゲーム画面を表示させるモードなのだが、3DS側でソフトを起動して初代DS側でのモニタ表示が問題なく実行できた。どうしても縦画面液晶でプレイしたい人向けの機能なのだろうか?本体2台用意してまでヤルことなのか?という疑問は残る。

DSiLLのデカい画面を表示用に使うのはアリかもしれないと思ったが、「ナムコミュージアムDS」の発売が2007年10月で、「DSiLL」の発売が2009年11月なので間がありすぎる。開発元のM2は、そこまで見越してこの機能を実装していたのか???

 

 

携帯マスターシステム?!(≒ゲームギア)

以前紹介した3DSのテーマ。いつのまにか増えてた!

セガサターンに・・・

マスターシステム!!

テーマBGMがマスターシステムをソフト無しで起動させたときの「スペースハリアー」だし、なんと言っても他のテーマの紹介ムービーでは3DS本体は白色なのに、このムービーだけ黒色本体を使っているというコダワリw