カテゴリー別アーカイブ: XBOX One

クーソーはアタマのコヤシでした・・・

『NAMCO MUSEUM ARCHIVES』のVol.1とVol.2をまとめて購入!

当初はSwitch版の「ナムコットコレクション」のパッケージ版を購入するつもりでいたのだが、実績欲しさと任天堂以外のハードでファミコンソフトが動く様子を見たかったから、ソッチの予約をキャンセルしてコッチを買ったのだ。

日本のMSストアでも買えるようになるとうアナウンスがギリギリまで無かったため、知らずにわざわざ北米ストアでドル建てで買っちゃたよ!ぴえん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに日本のストアで買ってもゲーム内本編の表記は英語のまんまらしいので、変りなし。


解説文やメニューまわりは英語表記でも、本編ソフトは日本版(=ファミコン版)っぽい。namcoTの文字も残してあるし。

 

Vol.1には『ゼビウス』が入っていて、Vol.2には『スーパーゼビウス ガンプの謎』が入っている!!

ガンプの謎はSwitch版のDLC3弾までのラインナップにも入っていないので、今のところ『ミュージアム版』の優位点。

実のところ、ファミコン現役時代は本体を流行のピークを過ぎてから「DDS女神転生」をプレイしたくて購入したクチなので他のナムコットシリーズはリアルタイムでプレイしてきて無かったのよね。今になって新鮮な気持ちでプレイできるよ。

 

その「DDS女神転生」はSwitch版の方のDLC第3弾にラインナップされている。MUSEUM版の方はVol.3以降の情報は未だ無いようだが、「ワルキューレの冒険」とか日本語から英語に作り直しがムズカシイものはMUSEUM版には来ないのかも知れないなぁ。はじめからナムコットシリーズとしてのコンプが無理なので『コレクション』と名付けなかったのかと推測。

そして目玉の「ギャプラス」。Switch版ではDLC20本購入の特典となるらしいが、MUSEUM版ではVol.2にスルっと収録されちょる。このところのM2の”お家芸”になってる【ゲーム史のif】シリーズ。まだちょっとしか触ってないが、オリジナルのアーケード版の雰囲気そのままのプレイ感のギャプラスがファミコンのアーキテクチャ上で動作してる奇跡の御業だ!

 

【6月20日追記】---------------------------

わかりづらいミュージアム版とコレクション版の収録一覧を作ってみたので貼っておくとす。ミュージアム版がVol.3以降どうなるのかは未だ発表は無い。な「ワルキューレの冒険」とか「DDS女神転生」はNES版て存在するのかしら?英語への翻訳がムズカシイものはミュージアム版では出ないんだろうなぁと推測される。基本はVol.3待ちで、どうしても欲しいものだけSwitch版で単品購入する作戦でいこうと思った。

XboxOneコントローラの修理

少し前に不調となったXboxOne用コントローラ。
左のアナログスティックがセンター回帰せず、「GEARS 5」をプレイするとキャラがジワリジワリと前ににじり出てしまう現象が発生していた。

2月に買ったサードパーティ製有線コントローラも使用感は悪くはナイのだが、やはり純正コンは生かしておきたくなって、使えそうな交換部品を見繕って修理にチャレンジしてみんと欲す。アルプス電気の【RKJXV1224005】ってやつ3個で639円也。
元の部品を取り外すにあたり、ハンダ吸取線でチマチマとした作業が要。端子の接点が14箇所もあるのだー。
交換後、無事に動作することを確認。キャラが勝手に動くことはなくなった!

ざわ・・・ざわ・・・

昨日(14日)、なぼP氏と太田イオンで『カイジ ファイナルゲーム』を観てきた。

カイジは一応シリーズ全部見ているが、とっかかりはパチスロだったり・・・。

前2作は”頭脳戦”の駆け引きが主体だったけど、今作は”トリックの仕掛け合い”がメインという印象。”一見負けたように見えるが、それが罠で実は俺の勝ちだぜ”をお互いに繰り出しあうシナリオ頭でっかちな気もするが、漫画原作者がそのまま映画脚本のアイデア出しもしているので、誰も文句言えないw

ツッコミどころの多いシナリオを藤原竜也と吉田鋼太郎の舞台俳優パワーの芝居で押しきって見せた。

福士蒼汰って、今まで演技があまくウマくない印象だったのだが、今回の敵側ボス(?)では演技がうまくなってて驚いた。

根っからの善人役より、今回のような悪役の方が実は合ってるのかも。

 

 

それから、演技がうまくなったと言えば、チョイ役でキャバ嬢VSホストの対決ゲームのプレイヤーとして出演してた篠田麻里子がうまくなってたw

まじすか?マジっす。サド。

 

昼食は王将ラーメンで炒飯の予定だったが、定休日のためラーメン恒に。ドライバーなぼP氏にはオレンジジュースで我慢してもらって、俺っちは昼間っからビール!『悪魔的なうまさ』でした。

ムーンベースに戻ってからは、XboxOneで『Lonely Mountains: Downhill』。


以前なぼP氏はモトクロスバイクのゲームにハマっていたのは知っていたので、これも好みではないかと思って勧めてみたところヒット。

ルール自体は自転車で山を下るだけのシンプルなゲームだけど、ちゃんと物理演算ぽい挙動で、高いとこから落ちたり、木や岩に激突するとたちまち死亡するシビアさ。なによりラジコン操作なので、対面のときにハンドル操作が左右逆になるのが中々慣れずにムズカシイのだった。

途中で、なぼP氏には仕事の電話が入ってしまい残念ながら流れ解散となりんした。お疲れさまです。

Gears of Game

この1週間は『Gears 5』をモリモリとプレイしてた。

 

このシリーズにはいつもの自分なりのプレイスタイルがあって・・・

➀攻略記事は見ずにノーマルな難易度でキャンペーンを1周。収集品は可能な限り探す方向。
②難易度をイージーにし、攻略系記事を参考にしながら、収集品の取りこぼしを補完。
③難易度をハードにして1周
④難易度インセインに挑戦
というものなのだが、とりあえず現状②まで完了したよ。

現物パッケージにこだわっている俺は、国内版アルティメットエディションを所望したが各所予約が瞬殺されてたので、しかたなくAmazonで北米版を購入・・・なんか割高だなと思っていたら、スチールケース版が到着。どこにも文字がなく『Gears 5』のタイトルすら無いデザイン!

どうやら北米で発売された『超豪華版限定セット』に同梱されてるバージョンだった!

ケース右上にややヘコみがあるので、いわゆる【はね出し品】なのかも?(海苔か?!)

 

ちなみに、本来の超豪華版には『ジャック型ドローン』が付属してるらしい。お値段$270!!!GameStopというゲーム専門ショップでの専売品だった模様。どう考えてもドローンはイラネぇよなぁ・・・。

『バイオショック』シリーズを彷彿とさせる要素がアチコチにあった。ジャックの能力はプラスミドっぽいものが多いし、某研究所内での被験者(女児)の扱いなどなど。

ロケット発射台とさらに最終地点での戦闘は『ロストプラネット』シリーズを彷彿させる部分もあったり・・・

『王道』であるハズのギアーズが他のゲームの因子を取込んでいってる???

スキフを操ってのオープンワールド系の探索は、変化がついてオモシロかったのは事実だが雪原と砂漠の2つも要らなかった気もするね。

そして・・・一番言いたいのは

重要人物の生死でストーリー分岐させるな!

この後の『6』はどうすんだ?!ああん?

ってコトだな。

AC7状況・・・全難易度でオールSランク


ついに、ついにオールSランク達成!
最後に残ったミッション19、F-22Aの8AAMでは多重ロックオンでロスが出ていたようなのでX-02Sの4AAMに替えて出撃したのが功を奏した。
アーセナルバードのレーザーが後方にまで照準してきたのにビビってHOOK破壊に少々時間がかかってしまったが、前段のバリア消失までの間にUAVでポイントを稼いでいたおかげで、どうにかS判定が出たッス。

あとは未取得の勲章が少々残っている(機銃撃破数と、ミッション15のノーダメージ、ミッション20の機銃のみ)が、さてどうするか。

オンラインに漕ぎ出して先にオンラインの勲章を取っておいた方が、実績『偉勲を立てた者』のためにはイイのかな?

AC7状況・・・難易度ハードでオールSランク

ヒーハー!!やればできる子じゃんよ俺。

残すは難易度エースのミッション3つ!

ハードとエースの差は被弾時のダメージ値がシビアになってるのがメインで、ランク判定自体はあまり変わってない印象だ。下の難易度から着実にスキルアップしてきた今の俺は解き放たれたオオカミ(笑)なので、このままイケるか?

AC7状況・・・難易度ノーマルでオールSランク

 

ミッション16でかなり難儀した。クリアはするもののAランクどまりの繰り返し。クリアタイムについては、後半の護衛機(F/A-18)が敵になる前に予め1発づつミサイルを当てて半殺しにしておくという目から鱗の戦法で大幅に短縮できたのだが、スコアがイマイチ足らない状況だった。

最後のトライでは地上物より高得点である敵機の撃墜を多くすることを意識してプレイ。ラバルト将軍の目的地到着ギリギリでネームド機(AXEMAN)を撃墜し、そのまま背面飛行で地上物を2つ撃破でき、めでたくSランク到達。

AC7状況・・・難易度イージーでオールSランク


相も変わらずエースコンバット7をチマチマプレイする日々。
対地攻撃ミッションが下手くそな俺。該当ミッションばかり残ってしまったが、ここへ来てようやく難易度イージーのオールSランククリアにまで漕ぎつけた。難易度ノーマルもあと1ミッション残すのみ。イージーだと褒美は何もないがノーマルだと勲章が1個もらえるハズなので、ガンバルンバジョー!

えぇ酢昆布@なな

発売日から1ヶ月たつが『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン 』三昧の日々。

ネット界隈ではPS4にオマケ収録されているVRモードが褒め称えられているが、相変わらずXboxOneのパッケージ版を選んだ俺っちはチョッチち悔しい・・・。

 

 

にしても前作で天使とダンスしてから早11年かぁ。作品内世界はリアル地球とは別のストレンジ世界とはいえ時間軸的には『6』が2015年、『7』が2019年の出来事なのでリアルが追いついてしまったな。リアル世界ではロシアが迎撃不可能な極超音速ミサイルとか開発してるらしいので作品内の無人機とは別の方向で有人戦闘機が無用になりつつある感・・・。

難易度ノーマルで始めてクリアし、難易度イージーで快適にMRP(ゲーム内で機体、パーツ及び兵装に交換できるポイント)を稼ぎつつ難易度ハードに挑戦。そうしてハードクリアで解放になった難易度エースを全クリアまでこぎつけた。最終的には全ミッションのSランククリアを目指したいところだが、さてどうするか・・・。

エースコンバット3 エレクトロスフィア』を思い出してこんなのを作ってみた↓ (全部のマスをピンク(S)にしたい!)

 

なお『3』の発売は1999年で20年前!!

だってなんだか、だってダンテなんだもん

XboxLiveのゴールド会員向け無料ゲームの11月後半分に来てた『ダンテズ・インフェルノ 〜神曲 地獄篇〜』を1週間かけてみっちりプレイしたはー。

中古で買ったままのパッケージ版も後方互換対応時にXboxOneにインストールしただけだったのでディスクレス起動可にすべく再度のダウンロードを実行。

その際ふと思いついて、本体設定を北米に変えてみたところ・・・

北米版と日本版の両方がインストール出来た!(勿論ディスクレス起動可)

タイトル画面はこんな感じ。

~神曲 地獄篇~のサブタイトルがついてるのは日本版のみなのねん。

神曲は『しんきょく』ね。このソフトが発売されたのは2010年2月なので『かみきょく』と読む人は少なかったろうな。ちなみにAKB48のベストアルバム『神曲たち(かみきょくたち)』は2ヵ月後の発売。

でもって、北米版と日本版の最大の違いがコレだ!

【左が北米版、右が日本版】

自宅に闖入した暴漢がエロ親父を十字架でぶっ刺してコロしたのを見て、慌てて逃げるも暴漢の投げた剣が後ろからブスリ。追いつかれてトドメをさされるシーン。北米版では逃げる際にオパーイがまろびでるのだが、日本版ではカメラのトリミングで隠されてしまっている(親父に十字架が刺さるトコも残虐と判断されてるらしくトリミングされて見えなくなってる)

エロいシーンは見たいが英語だとストーリーが分らんので、日本語版→北米版の順にプレイするはめに。しかも実績取得の関係で2周する必要ががが。

実績は北米版と日本版で共有してるのだが、セーブデータは別個という仕様。2周目のプレイは1周目で取得したスキルと魔法とアイテムは引き継いだままスタートできるので楽といえば楽。

内容的には、階層化された地獄をアクションと魔法を駆使して順に突破していくという『妖怪道中記』のメガ進化。ステージが進むにつれより深い地下に潜るところや溶岩や血の海を渡るところ、大型の敵キャラに乗って移動するあたりは『Gears of War 2』に、不気味な敵キャラや世界観の造形は『アリス マッドネス リターンズ』に、特定アクションで敵にトドメをさすのは『ベヨネッタ』にそれぞれ似ているなと思い、発売年を確認したら

『Gears of War 2』・・・ 2008年11月
『ベヨネッタ』 ・・・ 2009年10月
『ダンテズ・インフェルノ 〜神曲 地獄篇〜』・・・ 2010年2月
『アリス マッドネス リターンズ』・・・ 2011年6月
『Gears of War 3』・・・ 2011年9月

という並びであった。
メーカー&開発スタジオは違ってもなんとなく系譜というか影響しあってる部分が見えるなぁ。
んなわけで、実績は基本部分の1000Gを解除。残りの追加DLC分290Gのうち250Gの方は既に配信終了してるし、40Gの方は約500円に見合うかどうか疑問なので保留として、ひとまずのプレイ終了とする。