カテゴリー別アーカイブ: ハンドルコントローラ

OUTRUN2SPがアウトラン2SPに!

『こいつをセガチヒロの内部コネクタに取り付けろ。すごいぞ、チヒロの性能は数倍に跳ね上がる!!もってけ、そしてすぐに取り付けて試すんだ。』

親切なオジサンが謎のパーツをくれたッス。オジサンの実子と違って素直な俺は何も疑わずにChihiroボードを開封して取付けようと思ったさ。

付属のケーブルはダメージを受けていそうな気配だったので、手持ちのジャンク箱からIDEケーブルをピックアップ。今どきIDEケーブルの未使用品がサッと出てくるなんざオッチャンの居候先のジャンク屋に負けてないよ俺ん家。

基板用の足もつけて、バッチリ設置。

JP9を2-3側NETブートから1-2のGD-ROMに戻して起動したら、ゲームプログラムの読込みまではするが、起動時にエラーが出てしまう。

色々試した結論から言えば、増設していたRAMをとっぱらって片側512MBにして、JP5も1-2の1GBから2-3の512MBへ変更しなけらばいけなかったのだった。(今回のボードに乗ってるのが512MBバージョンという事だ)

プログラム転送自体は大部ゆっくりの印象。(NETブートに慣れ過ぎていたせいか?)さては実機のGD-ROMの読込みスピードに準拠しているのかな?

今度こそ、カッチリ起動!

デモの操作説明が日本語になっている!今まで所有していたのはEXPORT版だったので言語が英語だったのだが、今回入手したボードに搭載されているのは日本語バージョンなのでありんした。

ハートアタックモードで助手席のワガママ姉ちゃんから発せられるリクエストも音声こそ英語のままだが、画面表示が日本語になるので運転しながらの咄嗟の判断がつきやすくなってイイね!

AE86の皮を被ったフェラーリ!

世に珍しい右ハンドル版アウトランの日本向け車両度合が高まった!

秋の夜長にタイムアタックモードでコンマ何秒の世界を攻めてみるとするかね?

カーマーキーリー拳法! by.ラビット関根

全メーカー地道にプレイ中の3画面環境「FORZA3」。

ついに「クルマ通」の実績を解除したよ。

「2」では、登場車種をすべてガレージで所持という実績があって、それに比べりゃ今回は「全メーカー最低1台ずつ所持」なのでちょろいかなとナメてたんだけど、結構大変だった・・・。

DLCを網羅した「Ultimate Edition」環境でのプレイなので、登場メーカーもノーマル時よりその分増えているためだ。ワンオフやそれにちかいレアなスーパーカーのメーカーが数社あって、当然車両購入CRも馬鹿高いのだ。

実績解除対象になった最後の1台も、そんなイタリアのベルトーネ製「Mantide」。最後の1台

カマキリの意味らしい。英語で「マンティス」だが、イタリア語だと「マンティデ」?

上品に「お」をつけて、オマンティデと呼びませう・・・。

残る未解除実績は2つ。全レースゴールドは地道に続けていくしかなく、最終的には到達できるだろうと思っているのだが、もう1つのドリフトラップ(1ラップで100,000ドリフトポイント獲得)は、富士見街道をコーナー毎にサイドブレーキを使ってドリドリしなきゃならん(&失敗の都度リワインドでやり直し)らしいので、かなり面倒そうで気が重たいッスね・・・。

頭文字D3からアウトラン2へのコンバージョンの話

頭文字D Ver.3筐体からOUTRUN2SPへのコンバージョンについて熱心な質問をいただいてるのだが、コメント欄では書きようがナイので、本文記事で展開してみんとす。

まずは簡単な概念図を書いてみた。(Excelのオートシェイプは久しぶりにいじるとオモシロイ)
ID3からOR2SPへのコンバージョン概念図

【まず肝心の本体の話】

頭文字D(1~3)はNAOMI2、OUTRUN2(2SP)はCHIHIROという別の本体基板で動作している。

NAOMI2NAOMI2は、セガの家庭用ゲーム機ドリームキャストの仕様をベースにした業務用基板であるNAOMIの機能を強化したもの。

 

 

スーチーパイーⅢのROMNAOMIとの互換性機能も有しているので、GD-ROMドライブにNAOMI用ソフトをローディングさせて動作可能だし、NAOMI用ROMカートリッジのソフトもDIMMボードを外して代わりに挿せば動作する。

(※厳密にいうと相性的なものもあるので、全部が全部ちゃんと動作するわけではないケド)

チヒロの顔CHIHIROは、マイクロソフトの家庭用ゲーム機XBOX(初代)の仕様をベースにした業務用基板であり、残念ながらNAOMIシリーズとのソフトウェアの互換性はない。

 

【レース系筐体の内部機器の話】

頭文字D筐体とOUTRUN2筐体のハードウェア構成は似かよっている部分が多い。

837-13551-92配線図ソフトウェアの互換性はないのだがリリ-ス時期が近いこともあって、ハンドルやアクセル&ブレーキ等のアナログ信号のやりとりを中継するI/Oボードと、ハンドルのフォースフィードバック用のモーターを制御する基板は同じものが使われている。GD-ROMドライブもNAOMI用がそのまま使える。(モニタやスピーカー、座席シートといった筐体構成部品も同一)

なのでNAOMI2本体をCHIHIRO本体に置換して、OUTRUN2のGD-ROM(+セキュリティチップ)を用意すれば、一応動作可能になるのだ。

 

【ステアリングの違いの話】

「一応」動作可能と書いたのは、ハンドルの回転角とハンドル径が、頭文字DとOUTRUN2では違うという問題があるためだ。

DSC_0959

頭文字D(写真左)はリアルなクルマに近い感じでハンドルをぐるぐる回して、逆ハンも多用しつつ峠道を攻めるというゲーム性であり、筐体のハンドルもゲーム内に出てくる実在の日本車に近いサイズのステア径を採用していて、回転角も大きい。

 

OUTRUN2(写真右)は、ゲーム内の車こそ実在のフェラーリだが、挙動という点では実にゲーム的なドリフトをする。回転角も小さくてスパッスパッとハンドルを切る必要がある。そのため、頭文字DのハンドルユニットのままでOUTRUN2を遊ぶと、カーブの度にハンドルを多く回す必要があり、カウンターをあてる場面でもハンドルを多く戻さなきゃならなくなり、その分のモタツキが如実にタイムに表れてしまうのだ。

ウチではそれを解消するために、海外版のハンドルユニットを無理矢理移殖したのだった。

合体

 

 

 

 

CjjQhu-UUAQpNOg

 

愛知県にある「がちゃぽん倶楽部」という【マニアックな】ゲーセンでは、頭文字D筐体にF355のハンドルユニットを移植してアウトラン2を稼働させてるみたいデスな・・・。「気合の3個1」というネーミングだそうだ!

 

結論から言うと、「結構ハードルは高い」かもしれないなぁ・・・。

ウチでは上記のとおりハンドルユニットを交換してしまったため、もう頭文字Dには戻せない。理想を言うと共存させて、OUTRUN2と頭文字Dの日替わりプレイができればイイんだろうケド、そううまくいかないのが世の常なのねん。ウチの筐体は購入時点でカードリーダーが死んでいて頭文字Dのフルの機能(クルマのチューンナップ&文太への挑戦)が遊べない状態だったので、頭文字Dとオサラバすることには躊躇がなかったのも改造に踏み切れた大きな理由であります。

ここまで色々書いてきたケド、磁気カードまで揃っていてフルに遊べる頭文字D3をわざわざ改造するメリットはあまり(自分的には)見い出せないっすね。どうしてもOUTRUN2を遊びたくて、かつ設置スペース&資金に余裕があるのなら、別立てでOUTRUN2の中古筐体を探した方がイイような気がしまっせ・・・。【個人の感想です】

なので、代わりに838-13683-92(又は838-13683-93:REV.B)という型番のJAMMA用のセガ製I/Oボードを追加構成してこれにジョイスティックを配線して、他のNAOMI系のソフトを頭文字D筐体上で動作させて遊ぶコトをオススメします。

連邦VSジオンDXカプエス2000DOA2ミレニアム

 

 

こんな感じで・・・。

テキサスから来ました!!

荷物米国テキサス州から荷物が到着。

荷物というより貨物といった方が適切な重量!

さて、中身はというと・・・

オバケ

オバケではなく・・・

 

 

 

 

正義超人

正義超人でもなく・・・

 

 

 

ハンドル

これだ!!

 

 

例の「86トレノ改のF50」というか、「頭文字D改OUTRUN2SP」用のステアリングコントローラー一式でゴザイマス。

海外仕様(アップライト用?)のブツのため、左側のスタートボタン&ビューチェンジボタン(+簡易プレイ説明ステッカー)が、今までネット等でも見たことのないパターンだ。

そのままトレードオフで取り付けられるのかはまだ詳細確認していないが、サイズとネジ穴の位置と各種コネクタは同じっぽいので、イケる気がするね。

・・・・・・・・

頭文字D筐体のステアがエグれて痛んでいるので、交換を目論んでいたところ、どうやらOUTRUN2のものとはハンドル径が違うことに気が付いてしまったのが最初。

中古パーツでOUTRUN2のステアリング部分だけを入手して交換を試みたが、同じSEGA製どうしなのにもかかわらず、中央のシャフトとの噛み合わせ部分の形状が相違していたため断念せざるを得なかった。

先月末にebayでパネル部分一式の出物を見つけて、コレだ!と思いセカイモン経由での入札を行ったところまさかのエラー。サポートに連絡したところ、出品者が米国内の送料を「要相談」にしていて「金額設定されていない」からだとの回答。

出品者に拙い英語で、「どうか送料設定してちょうだい」とお願いのメールをしたところ、「知らんがな(意訳)」とのツレナイお返事・・・。

セカイモン以外の代行業者ならどうかと思って、bidbuyというところにアクセスしたら今度は「出品者の評価が98%を満たしていない(97.7%!)」との理由で入札不可。

で、USA-GETという個人輸入代行の業者を見つけて、何とか入札できた次第。

海外発送なので、運賃等の経費で「元の値段(125US$)の倍くらい」になるのは覚悟してたケド・・・

実際は約3倍でしたとさw

危険なゴールド

クラブレースゴールド
“「Forza6」発売までのつなぎ”としてプレイし始めた「Forza2×3」であったが、常設した3画面環境でお手軽にプレイできるようになっているのと、シンプルなゲーム性が非常におもしろくて、「6」が出た後もコッチばかりプレイしている。

 

ライバルと性能差のあまりない車種を選択して、抜きつ抜かれつのサイドバイサイド。、3画面環境だと本当に横に見えるので、オモシロイっす!

「6」も3画面対応してくれー!というか、マイクロソフトよローカルリンク機能を開放してくれ!

画像

映画・ラーメン・ゲーム、無敵の3コンボ

ピクセルのパンフ話題の映画「ピクセル」を観てきたよ。

まぁ、だいたい思っていたとおりの内容だったw

ゲームには「バカゲー」と呼ばれる切り分けが存在するが、これは「バカ映画」と呼ばれるジャンルだな。(←もちろん褒め言葉)

世界大会のアーケードゲームや異星人の侵略用プログラム(?)にどうやってチートを適用させたの?とか、細かいつっこみどころは満載なのだが、そんな細けぇこたぁイインだよ!

 

80年当時にリアルにゲームをプレイしていた者たちにとって、あのゲームキャラ達がデカいスクリーンで、アメリカ映画として日本に里帰りしてきたことを素直に喜びたい。

写真は資料的価値も高いんじゃないかと噂に聞いた映画のパンフレット。

キャストの紹介の他に、登場ゲームの解説とかゲーム制作者の対談とか、すがやみつる氏にインタビューとか、盛りだくさんの内容でした。これからじっくり読むぞい。

be99e126映画の後のチョッピリ遅い昼飯は「らーめん火山 太田店」にて新作「石焼極旨焦がし焼豚麺(焼豚5枚)」を喰った。

自宅近所の「足利店」が別名義の店になってしまったので、太田まで足を運んだ次第。

こちらも、期待どおりのお味で大満足。ぜひ次回はチャーシュー10枚乗せにチャレンジしたい。

なぼPと3画面 なぼPto3画面2

満腹になった後は、俺ん家みたいなゲーセンというか、ゲーセンみたいな俺ん家でゲームプレイ。

XboxOneの「Q」を熱心にプレイしていた  なぼP氏だったが、例の3画面フォルツァのボディソニック(通称:尻音響)を体験してもらった。

プレイ中の振動具合は自分ひとりじゃモニタリングできないのので、他人のプレイを傍からみるのはいい機会だ。

なぼP氏的には出力最大でもややもの足りない感があったようだが、ベニヤ板の固定部分とか、改良の余地はあるということかね・・・。

Forza6の3画面

FORZA6 三画面今回のE3 2015でもForza Motorsportブースは最新作「6」の3画面マルチを使った豪華な体験プレイ筐体を設置していた模様。

 

「5」の製品版では結局実装されなかったマルチモニタ機能だが、さて「6」ではどうなるか?

公式サイトの紹介文を読むと、レイン(雨天)とナイト(夜)のレースコンディションがいよいよ実装された点のみが強調されており、マルチモニタについての記述はどこにも無いのよ!!

ナオミ姉さんがハチロクでやって来た!

ナオミ姉さんハチロク

 

 

 

 

筐体全景

ナオミ姉さんがハチロクに乗ってるのではなく、正確に言うとNAOMI2基盤に頭文字Dが乗ってるのだ。

というワケで、某オークションで、ジャンク扱いだった「頭文字D Ver.3」の筐体を格安で入手!

基本は“引き取り限定”だったのだが、出品している業者様が同じ市内だったので、お願いして実費で配送してもらったのだ。

油圧リフト付きトラック、筐体下部の車輪、そして搬入の手伝いとして協力してくれた“なぼP氏”のおかげで、結構あっけなく室内に運び込むことができたッス。

NAOMI2

ゲーム起動不可のジャンク品とのことだったので、当初はI/Oパーツを生かして中身を初代XBOXに換装して「アウトラン2」用の筐体に改造して、NAOMI2基盤はブラスト筐体で動作させる計画だった。

ところが、ジャンク扱いの理由だった起動イニシャライズ時に出るカードリーダーライターのハードエラーをシステムメニューでカードリーダー機能をOFFにすれば対処できるという情報をネットで仕入れたので、試してみたところ無事に「頭文字D Ver.3」のゲームが起動した。

とはいえ、毎ゲームプレイ時の経験値(?)をカードに貯めて、クルマのチューンナップを重ねて強く(=速く)なっていくというゲームシステム(課金システムのはしり?)なので、カード機能がオミットされてしまうと、ゲームとしての魅力は半減以下になってしまう・・・。(事実、初期状態のハチロクでは最初のライバルにも勝てなかった。)

NAOMI2とXBOXを切り替えで動作できるようになれば、それが理想かもしれない。頭文字D ARCADE STAGE Ver.3が、それは後々・・・。とりあえず今日のところは叫んで終わる。

セガのゲームは世界いちぃ!

ハンコンの再設置

360のハンコン

ハンドルコントローラを机に固定する部品を発掘したので、今日も「フォルツァ2」。

最新のアレに比べると回転角が狭かったり、振動やフォースフィードバックが弱かったりする部分が露骨に感じるのだが、お気楽なマッタリプレイにはこの方が向いてるのかもね。