カテゴリー別アーカイブ: パソコン

サバ増強

ホームサーバーの記憶域がパンパンになってしまったので、HDD増設を目論んだのはいいが、ウチの旧型サーバー機では新しめの型番のHDDには対応できないらしくてビビった。

st2000dm001なので、現状入手可能な中で古めの機種Seagate製ST2000DM001をあえてチョイス。

2TBで5759円たあ、安くなったモンですなぁ。

dsc_1234

サーバーのファイルは二重化してるので、2台購入。

 

SATA増設ボードも古いものを用意する必要があったのだが、うまいことに近所のPCデポのワゴンで玄人志向のSATA2I2-PCIEを発見。

2160円だった。

 

dsc_1235 dsc_1236ボードをPCI-Express x1スロットに設置し、ドライバを入れた。Windows NT,2000,XP,Server 2003用が一絡げになっていたので、コレを選んだところ問題なくインストール完了。

SATAボードにHDDをつないで再起動。

「非記憶域ハードドライブ」の欄に今回接続したHDDが見えるようになったので、個別に右クリックから「追加」を選択しウィザードの指示に答えていくだけで・・・

無事、「記憶域ハードドライブ」に設定されましたぁ!

コツコツと・・・

2016-08-04
スゲー地味だけど、Windows10のオマケのゲーム「Microsoft Solitaire Collection」の実績がようやく1000/1000に到達したッス。

XboxOneではナイ・・・

ダラバーxbox
Windows10上で動作するXboxアプリ。

XboxLiveのゲームだけでなくSteamのゲームまで、しれっとした顔で“Myゲーム”に並べやがるのなw

ウルトラの父がいた、ウルトラの母がいた、そしてワイドがここに・・・

steamダラバーCS
Steamのサイトを覘いたところ、デモ動画中にマルチモニタで動作している映像があった。でも、やっぱ、継ぎ目のないウルトラワイドモニタでのプレイが推奨されてる模様。

それよりなにより、海外版は12月4日にリリースなのな!

日本版はVita版とPS4版に合わせて、来年1月14日まで待たされる・・・。日本製のゲームなのに最近はこんなのばっかしや。まぁ日本版が出るだけましって話もあるが。

ダライアスバーストCS続報

ダライアスCSすぺっく
アレンジCD欲しさに、Vita版の予約済であるところの「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」であるが、今回PC版(Steam版)の必要スペックが発表された。

そこにあった「マルチモニター可能」の文字を俺は見逃さないぜ!

となると、やはり一人プレイに制限されるVita版よりPC版が欲しくなってくる。

Steamはいまだに公式にはWindows10の対応を謳っていないようだが、既存の配信済ゲームは動くらしいことは各ゲーム系サイトが実証済の模様・・・。

PS4版もPC版もダウンロード販売であり、売切れ&プレミア価格化の心配はないので、発売直後は、Vita版で遊びつつ、ネット等で動作報告情報を勘案して購入を決めることになるのかなぁ?

確か本物(アーケード筐体)は32インチワイド液晶の2連結だったっけ・・・?

パーフェクター!

パーフェクターWindows10のオマケ(?)の「ソリティア コレクション」で、毎日5問ずつ出される問題をコツコツと1ヶ月かけて、全日分クリア!!

 

かんぺき実績のポイントは40Gと少なめだが、それよりもはるかに大きい達成感!!

でも、コレがゴールではなく、実績にゴールドメダル8個獲得というのがあるので、来月以降もチマチマとチャレンジしなくては・・・。

おいてけぼりにされたオッサン

「DOA5LR」の最新DLコスチュームは「日本ファルコム」とのコラボなのだが、「ぽっぷるメイル」と「ブランディッシュ」しか判らんかった俺・・・。

イースの女神コスもリメイク版の方だから、よくわからんかったよ。

アホなインストーラー

クソNVIDIA自動でネット上の新しいドライバを検出してダウンロード画面まで誘導しておいて、いざインストールしようとした段階で、Windowsのバージョンが違う。とか言い出すアホ。

NVIDIA!お前のコトだーぃ。

 

クソNVIDIA2

 

 

どうやらWin8~Vistaの64bit版をDLするような仕組みになっていたようで、NVIDIAのサイトから手動でWindows10の64bit版を見つけて再DL&再インストールしたらOKになった。

こんな感じで、Windows10への対応は各メーカー(ハード・ソフトとも)後手後手に回ってる気がするな。

究極の静音ファン = 回ってナイ

DSC_2041
新しいPCを導入すると、以前から使っているPCが゛拗ねて”不調になるというのはPCユーザー界隈ではよく聞くジンクス話(週刊アスキー読者界隈かもw)。

ウチでも、サーバー用PCが「静かにキレていた・・・」。
妙に静かだと思っていたら、ケースファンが止まっていた!!

ホコリをはらっても復活せず。既にモーター部分が逝かれてしまっていたので、仕方なく9枚羽の静音&大風量の新品に交換。

DSC_2042

ケース開けたついでに、1000BASE-TのLANボードも乗っけてみた。

ブログ記事にはしなかったが、先日LANハブも交換したので、これで家庭内LANのメイン部分がギガ対応となった。

デバイスまねーじゃーーーー

デバイスマネ昨日苦労して導入したvh7pc用64ビット版ドライバであったが、今日になったらなぜか動作が不安定になってしまった・・・。デバイスマネージャーを再度確認すると、デジタル認証されてない”のワーニングが表示されている。デバイスを゛有効”にすると音が出るのだが、スグに途切れてしまう。一旦゛無効”にして有効にするとその直後の数秒間だけ音が出る。といった状況の繰り返し。

どうやら、デジタル認証のチェックはインストール時だけでなく、常態的に行われていて、怪しいデバイスは、都度切り離されるという仕様になっている模様・・・。

USB接続は諦めてLINE出力→ピンプラグ接続にするかとも思ったが、デバイスマネージャーをよく眺めると、「オーディオの入力および出力」というカテゴリがあるのを発見。

コイツで上書きしたところ、「オーディオ エンドポイント」の「スピーカー(Kenwood Audio Device)」として認識されて、途切れずに音声再生ができるようになった。継続的に使用できるかどうかは、もうちょい様子を見る必要があるかも知れんが、とりあえずVh7PCがwindows10環境下で鳴らせられてるので満足。