タグ別アーカイブ: OUTRUN2SP

ヘッドライト(?)のLED化

「OUTRUN2SP」絶賛稼働中だったが、筐体マーキー部の蛍光灯がチラチラしだしたので交換。サクッとランプだけ交換してもよかったのだが、この際だからLED化してしまおうと決意。

蛍光灯の器具部分を一旦外して、安定器とグロー球を取り払い直結に配線を変更して再び組み直した。

ちょっと明るすぎな気もしないでもないが、プレイの邪魔って程でもナイのでこれでイイことにしよう。そうしよう。

コースを攻めずにコースマップを攻めたり・・・

各コース名の表示部分もゲーム内で使われてるものに置き換えてみた。

あと、ネットで個人が作製した「outrun2sp_tools」なるものを発見した。CHIHIROボードとPCをLANで繋いでDIMM上にあるタイムアタック時のゴーストカーのデータを引っこ抜いた上で更にコース別に分割するというスゴイ奴。

しかも、PCからCHIHIROへの書き戻しもできるので、つまりCHIHIROのバックアップ電池が切れてもゴーストデータを復旧できるってワケだ。

当然、ノーマルorチューンド、ATorMTで4通りの組み合わせはそれぞれ別になっているので、こりゃあ本気で取り組むと大変だぞ。

ステアリングの応力設定は弱めにしてあるが、それでも連続してプレイすると腕がヤバい事になりそうだわな。

デジタルドライブストーリー 跳馬転生

久しぶりに起動した「OUTRUN2SP」がやっぱり面白いので、この2、3日集中してプレイしてマイブーム到来。せっかくのアーケード筐体なのだから”持ち腐れ”にならんようにしたいよなぁ。

イージールートである左分岐を繰り返してGOAL Aに辿り着くという初歩からリハビリ開始。そもそも、ルート分岐&コース内容をOUTRUよく憶えてないのでマップを見返して頭の中に叩き込もうと思った。

マッパーの魔法をとなえた!

そんなわけで、コース分岐マップを自前で作製してみた。公式HPはアーケード版、XBOX版、PS2版ともに既に閉鎖されてしまっているので、辛うじてネットに残存しているアーカイブの部品やPSP版から引っこ抜いたテクスチャー等を加工して結構時間がかかってしまった。以前、PCエンジン版のダライアスで同じような分岐表(ボス戦艦一覧)を作ったときは、どこかの地方のゲーセンに無断転用されていたが、今回もどこかで使われたりするかもなw

ステージ構成の内容だが、無印OR2がヨーロッパでSPがアメリカをイメージしたステージ構成になっている。やっぱり、森だの山だの滝だの遺跡だのでバリエーションをつける方向は同じなのでイメージ的には両者で似ているところも多い。

使用基板のCHIHIROは初代XBOXのアーキテクチャで動作しており、実に17年も前の仕様(CPUはPentium III)にもかかわらず、今見てもなかなかキレイな映像を繰り出してくる。ブラウン管だからか? 

OUTRUN2SPがアウトラン2SPに!

『こいつをセガチヒロの内部コネクタに取り付けろ。すごいぞ、チヒロの性能は数倍に跳ね上がる!!もってけ、そしてすぐに取り付けて試すんだ。』

親切なオジサンが謎のパーツをくれたッス。オジサンの実子と違って素直な俺は何も疑わずにChihiroボードを開封して取付けようと思ったさ。

付属のケーブルはダメージを受けていそうな気配だったので、手持ちのジャンク箱からIDEケーブルをピックアップ。今どきIDEケーブルの未使用品がサッと出てくるなんざオッチャンの居候先のジャンク屋に負けてないよ俺ん家。

基板用の足もつけて、バッチリ設置。

JP9を2-3側NETブートから1-2のGD-ROMに戻して起動したら、ゲームプログラムの読込みまではするが、起動時にエラーが出てしまう。

色々試した結論から言えば、増設していたRAMをとっぱらって片側512MBにして、JP5も1-2の1GBから2-3の512MBへ変更しなけらばいけなかったのだった。(今回のボードに乗ってるのが512MBバージョンという事だ)

プログラム転送自体は大部ゆっくりの印象。(NETブートに慣れ過ぎていたせいか?)さては実機のGD-ROMの読込みスピードに準拠しているのかな?

今度こそ、カッチリ起動!

デモの操作説明が日本語になっている!今まで所有していたのはEXPORT版だったので言語が英語だったのだが、今回入手したボードに搭載されているのは日本語バージョンなのでありんした。

ハートアタックモードで助手席のワガママ姉ちゃんから発せられるリクエストも音声こそ英語のままだが、画面表示が日本語になるので運転しながらの咄嗟の判断がつきやすくなってイイね!

AE86の皮を被ったフェラーリ!

世に珍しい右ハンドル版アウトランの日本向け車両度合が高まった!

秋の夜長にタイムアタックモードでコンマ何秒の世界を攻めてみるとするかね?

頭文字D3からアウトラン2へのコンバージョンの話

頭文字D Ver.3筐体からOUTRUN2SPへのコンバージョンについて熱心な質問をいただいてるのだが、コメント欄では書きようがナイので、本文記事で展開してみんとす。

まずは簡単な概念図を書いてみた。(Excelのオートシェイプは久しぶりにいじるとオモシロイ)
ID3からOR2SPへのコンバージョン概念図

【まず肝心の本体の話】

頭文字D(1~3)はNAOMI2、OUTRUN2(2SP)はCHIHIROという別の本体基板で動作している。

NAOMI2NAOMI2は、セガの家庭用ゲーム機ドリームキャストの仕様をベースにした業務用基板であるNAOMIの機能を強化したもの。

 

 

スーチーパイーⅢのROMNAOMIとの互換性機能も有しているので、GD-ROMドライブにNAOMI用ソフトをローディングさせて動作可能だし、NAOMI用ROMカートリッジのソフトもDIMMボードを外して代わりに挿せば動作する。

(※厳密にいうと相性的なものもあるので、全部が全部ちゃんと動作するわけではないケド)

チヒロの顔CHIHIROは、マイクロソフトの家庭用ゲーム機XBOX(初代)の仕様をベースにした業務用基板であり、残念ながらNAOMIシリーズとのソフトウェアの互換性はない。

 

【レース系筐体の内部機器の話】

頭文字D筐体とOUTRUN2筐体のハードウェア構成は似かよっている部分が多い。

837-13551-92配線図ソフトウェアの互換性はないのだがリリ-ス時期が近いこともあって、ハンドルやアクセル&ブレーキ等のアナログ信号のやりとりを中継するI/Oボードと、ハンドルのフォースフィードバック用のモーターを制御する基板は同じものが使われている。GD-ROMドライブもNAOMI用がそのまま使える。(モニタやスピーカー、座席シートといった筐体構成部品も同一)

なのでNAOMI2本体をCHIHIRO本体に置換して、OUTRUN2のGD-ROM(+セキュリティチップ)を用意すれば、一応動作可能になるのだ。

 

【ステアリングの違いの話】

「一応」動作可能と書いたのは、ハンドルの回転角とハンドル径が、頭文字DとOUTRUN2では違うという問題があるためだ。

DSC_0959

頭文字D(写真左)はリアルなクルマに近い感じでハンドルをぐるぐる回して、逆ハンも多用しつつ峠道を攻めるというゲーム性であり、筐体のハンドルもゲーム内に出てくる実在の日本車に近いサイズのステア径を採用していて、回転角も大きい。

 

OUTRUN2(写真右)は、ゲーム内の車こそ実在のフェラーリだが、挙動という点では実にゲーム的なドリフトをする。回転角も小さくてスパッスパッとハンドルを切る必要がある。そのため、頭文字DのハンドルユニットのままでOUTRUN2を遊ぶと、カーブの度にハンドルを多く回す必要があり、カウンターをあてる場面でもハンドルを多く戻さなきゃならなくなり、その分のモタツキが如実にタイムに表れてしまうのだ。

ウチではそれを解消するために、海外版のハンドルユニットを無理矢理移殖したのだった。

合体

 

 

 

 

CjjQhu-UUAQpNOg

 

愛知県にある「がちゃぽん倶楽部」という【マニアックな】ゲーセンでは、頭文字D筐体にF355のハンドルユニットを移植してアウトラン2を稼働させてるみたいデスな・・・。「気合の3個1」というネーミングだそうだ!

 

結論から言うと、「結構ハードルは高い」かもしれないなぁ・・・。

ウチでは上記のとおりハンドルユニットを交換してしまったため、もう頭文字Dには戻せない。理想を言うと共存させて、OUTRUN2と頭文字Dの日替わりプレイができればイイんだろうケド、そううまくいかないのが世の常なのねん。ウチの筐体は購入時点でカードリーダーが死んでいて頭文字Dのフルの機能(クルマのチューンナップ&文太への挑戦)が遊べない状態だったので、頭文字Dとオサラバすることには躊躇がなかったのも改造に踏み切れた大きな理由であります。

ここまで色々書いてきたケド、磁気カードまで揃っていてフルに遊べる頭文字D3をわざわざ改造するメリットはあまり(自分的には)見い出せないっすね。どうしてもOUTRUN2を遊びたくて、かつ設置スペース&資金に余裕があるのなら、別立てでOUTRUN2の中古筐体を探した方がイイような気がしまっせ・・・。【個人の感想です】

なので、代わりに838-13683-92(又は838-13683-93:REV.B)という型番のJAMMA用のセガ製I/Oボードを追加構成してこれにジョイスティックを配線して、他のNAOMI系のソフトを頭文字D筐体上で動作させて遊ぶコトをオススメします。

連邦VSジオンDXカプエス2000DOA2ミレニアム

 

 

こんな感じで・・・。

OUTRUN2SP筐体の音響強化 その7

再組上長らく開けっ放しだったモニタ後部のパネルも元に戻して、再組み上げ完了。

 

 

アンプはココに修理したAVアンプはホームセンターで購入したキャスター付ミニラックに入れてこの場所に設置した。

写真には写ってないが、「エレコム製オーディオレシーバー LBT-AVWAR500」も繋いであるので、OUTRUN2SPのゲームプレイをしない時にはサーバー上の音楽をBGMとして流せるようになっている。

OUTRUN2SP筐体の音響強化 その6

分解清掃いよいよ最後の0.1ch分のウーハー追加じゃんよ。

これまた某オクで電源ONのみ確認のジャンク状態のYAMAHA製サブウーファー「YST-FSW150」を入手。

単純にAVアンプに繋いだら鳴らなかったので、分解してみたが内部的には異常なしのキレイな状態。鳴らなかったのはAVアンプ側の設定で、全スピーカーがLarge設定かつサブウーハーモードがNormalになっていたのでウーハーへ行く低音域信号が発生していなかったという単純な理由。てへぺろ。

設定しなおしたところ、イイ感じに鳴りだしたッス。

フロントキズ 天板キズそれにしても、前オーナーのところでどんな扱い(虐待?)を受けてたのか知らんが、フロント部や天板がガリキズだらけの満身創痍状態。

まぁ、そのせいで入札のライバルもなく開始時価格のまま安く入手(5000円+送料1350円)できたワケだが・・・。

筐体内レイアウト変更

 

 

でもって、外部のAVアンプで音を鳴らすようになったので不要になった筐体純正のサウンドアンプボードを取り外し、改めて内部レイアウトを大変更。空いたシート下のスペースにこのサブウーハーを設置した。図ったように横幅ピッタリ!(いや入札前に実際測ったんだけどなw)

ミッドシップからフロントへ上から見るとこんな感じ。
ミッドシップだったエンジン(Chihiroボード)のマウント位置をフロント横置きに換装するという、実車ではあり得ない大改造だ。(笑)

テストとして仮組状態のままOUTRUN2SPをプレイしてみたところ、ウーハーに響くマジカルサウンドシャワーと、サラウンド効果で敵車追抜き時の効果音(敵車のエンジン音)がちゃんと前後左右に振分けられてて臨場感がマシマシですわ。

組み上げのフィニッシュは明日に持ち越す予定。

OUTRUN2SP筐体の音響強化 その5

DSC_04185.1ch対応アンプの導入に併せて、センタースピーカーを増設。

中古のDENON製スピーカー「SC-C7L2」を某オクで落札した。(落札価格3010円+送料1188円也)

サランネットはキズ&ヨゴレがあったので取り外してしまった。後でカラーブライトで漂白してみるかな。ダメだったら、このままでいくというコトで。

現状、付属品の台座を使ってモニタの上部に乗っけただけで固定はしていない。エンクロージャーの形状が個性的でイイね。

左右にあるブラケット用のネジ穴が気になるなぁ・・・。六角穴付ボルト(キャップボルト)で蓋をしちまうかな?サイズは径がM5で長さ15mmで良いみたい。(純正ブラケットの付属ネジの仕様より)

肝心の音色の方は可もなく不可もなくといった感じ、本来用途のホームシアターで使うと「セリフの出方が良い」とか書かれたレビュー記事の内容が実感できるんだろうけどなw

 

OUTRUN2SP筐体の音響強化 その3

ボックスの開き 4Ω×2とツィーター続いてモニター両脇のフロントスピーカーにも着手。予想はしてたが、スピーカーユニット(130-5156-01)自体はブラストシティと共通部品だった。

4Ω6Wのスピーカー2個を直列につないで8Ωスピーカーとしてドライブしてあり、オマケ(?)に並列にツィーターが1個接続されてるという内部構成だ。

 

 

エッジが腐食 F17E4U01-1左右で都合4個あるスピーカーだが、1個だけエッジのウレタンが腐食して穴が開いている・・・。他の3つも辛うじて穴が開いてナイだけで腐食してベトついている状況。

ユニット交換可能かと思い型番「F17E4U01-1」で検索するが、製造元であるToptone社のリファレンスまで辿り着くのだが、残念ながら小売りはしてナイ模様。その他の電子部品関係の通販も探してみたがどこも扱ってはいない。

とりあえず、見なかったコトにして(笑)ケーブル交換のみ行って、元通りに組付けた。

OUTRUN2SP筐体の音響強化 その2

DSC_0396シートの後部カバーを外すと、すぐにスピーカーユニットがコニャニャチワ。

 

 

DSC_0397スピーカーネットとの緩衝用にDSC_0399貼り付けられていたスポンジ(だったモノ)が腐っていて、ベトベトのボロボロで泣きそうに。

エタノールで拭き拭きして何とかキレイな状態にした。

この際、配線材も既存のゲーム筐体用のビニル線でなく、ホームセンターでメートル売りしていたそれなり太さのスピーカーコードに換装してみる。

 

スピーカー自体は既存の【8Ω 20W】をそのまま使用。このスピーカーだが、接続端子のサイズが+と-で違っていて、+がファストン端子#187でマイナスが#110だった。ゲーム筐体所有者にとっては、それぞれジョイスティック端子用とボタン端子用がそのまま使えるので、特に問題はナイけどね。

DSC_0400スポンジ緩衝材の代わりは、同じくホームセンターで見つけてきた「雨戸・サッシ」用のスキマテープを縦に半分に切って貼ってみた。一応、「耐久性・耐候性に優れていてボロボロにならない」というウリ文句付きだ。